フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 安心して話し合う機会を学校現場が創らないと、自己表現できない人ばかりを生み出してしまうという危機感を、教育関係者は意識すべきではないか。 | トップページ | 2020年4月1日から、浦和大学社会学部に着任します。 »

2019/09/03

安心して自分の想いや考えを言える主権者教育に向けて

昨日は、朝早くに家を出て、福島へ。

県の教育センター主催「社会科・地理歴史科・公民科の主権者教育の授業づくり講座」において、「主権者意識を育成する学習指導の意義と指導法」と題して話をさせていただきました。
参加されたのは、県内の中学校、高校、特別支援学校の先生方。

<未来の有権者を取り巻く現状><18歳選挙権を踏まえての主権者教育から見えてきたこと><海外の主権者教育><主権者教育のこれからの方向性>について話しましたが、7月の参院選を振り返りながら「参院選を振り返り、どのような主権者教育ができそうか」といったアイディア出しや、「”主権者””民主主義”に関わるキーワード出し→キーワードを活用した主権者教育のあり方」のディスカッションなど、ワークを挟みつつの2時間はあっという間でした。

さっそく、感想が送られてきましたが、
・主権者教育は、選挙のしくみを教えるだけではなく、こどもの自己肯定感などを育む上で大切なことがわかった。実際にこどもの意見をとり上げていくことが必要だと思った。
・模擬選挙の実施時期は、選挙結果が出てからでも扱うことができるということなので、適切な時期に適切なねらいを設定して実践してみたい。
・防犯マップ作りの事例のように、地域のことをまとめて自分たちで提言する取組など、地域と関わるための方法が具体的にイメージできた。
・社会科だけでなく、他の教科や学校全体の教育活動を通して、主権者教育ができることのついて学ぶことができた。
というように、主権者教育=選挙体験、というイメージが根強い中、色々な場面で主権者教育は取り組めることであり、かつ、取り組むことが大事だということが伝わったようです。


また、講演そのものは午前中でしたが、午後は、県立ふたば未来学園中高の先生の事例報告と、参加者による演習もあり、そちらにも参加してきました。
数学×政経、英語×政経による主権者教育の実例は、興味深かったです。

演習では、普段の学校生活に”主権者教育という意識”を盛り込む、ということを重視して実際に主権者教育の指導案を作成しました。
「部活動における効率・公正なグラウンドの使い方」「裁判員制度のメリット・デメリットを考えよう」「消費行動につながる、環境にやさしい商品とは?」「消費税増税を踏まえた、税の適正配分のあり方」など、すぐにでも活用できそうな指導案が発表されました。

いずれにしても、生徒自身が、安心して自分の考えや意見を言えること、多様な考えに触れること、他者との関わりの中で自分の考えを深めていくこと、といった経験を積み重ねていくことが大事であり、そうした場を、教育現場は丁寧に作って欲しいと思います。

 

« 安心して話し合う機会を学校現場が創らないと、自己表現できない人ばかりを生み出してしまうという危機感を、教育関係者は意識すべきではないか。 | トップページ | 2020年4月1日から、浦和大学社会学部に着任します。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安心して話し合う機会を学校現場が創らないと、自己表現できない人ばかりを生み出してしまうという危機感を、教育関係者は意識すべきではないか。 | トップページ | 2020年4月1日から、浦和大学社会学部に着任します。 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30