フォト

他のアカウント

Facebook Twitter Twitter

おすすめBook!

  • 林 大介: <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=hayadai1976-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087208389&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    林 大介:

  • NPO法人21世紀教育研究所 編: もうひとつの学校案内―オル...
    フリースクール、サポート校、通信制高校など最新データ400件以上掲載の「もうひとつの学校案内」。11校の取材記事、小山内美江子さん(脚本家)などからのメッセージも。2100円(税込) (★★★★★)
  • Rights編: 16歳選挙権の実現を!―選挙権...GENJINブックレット (26)
    選挙権・被選挙権に関するQ & A、世界各国の選挙権年齢の一覧、選挙権に関する法律抜粋などコンパクトにまとまっています。998円(税込) (★★★★)
  • 子どもの参画情報センター(編集) 、林他(著): 子ども・若者の参画―R.ハー...
    日本における子ども・若者の参画の意義を15人の実践家が執筆。私はもちろん「子ども・若者の政治参画の必要性」について。2100円(税込) (★★★★)

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2018年3月 »

2017/10/31

総選挙における模擬選挙の結果について

2017171030


模擬選挙推進ネットワークは10月22日(日)投開票の「第48回衆議院総選挙」において、未来の有権者(投票日当日に17歳以下)を中心にした「模擬選挙2017」の実施を全国の学校等に呼びかけました。

そして模擬選挙推進ネットワークは、このたび実施呼びかけをしました「模擬選挙2017」の投票結果(暫定版)を
以下のようにとりまとめ、公表しました。

<総選挙2017における模擬選挙の投票結果について>
http://www.mogisenkyo.com/2017/10/31/927/

○2017年10月30日(月)午後6時時点までに集約ができた小学校~大学、計30校(小1、中7、高19、大3)

○投票総数:6,213票 /
 有効投票数:6,024票、白票・無効票数:189票


模擬選挙で投票した生徒による<投票理由><感想>、模擬選挙に取り組まれた先生方の<コメント>なども読み応えがあります。
御覧いただければ幸いです。

2017/10/09

総選挙の公示を前に~未来の有権者も、国民の一人。日本の未来について考えよう。

1img3720

※写真は、9月に視察した、ドイツ連邦議会議員選挙での小学生対象の立候補者7人による公開討論会のもの。


いよいよ衆議院議員総選挙が公示を迎えます。

総選挙は、毎回毎回、色々な話題を呼んでいますが、今回の総選挙も目が離せません。

そして、「18歳選挙権」となってから”初めての総選挙”です。


<学校の役割>

急な総選挙ということで、「授業が間に合わない」「生徒に教える時間がない」「高校3年生は受験を控えている」などなど、”後ろ向き”な声が聞こえて居ますが、一方で、模擬選挙を行う学校も30校近くあります。
模擬選挙を行うことがすべてではありませんが、選挙について何も触れない、というもどうかなぁ、と思います。

授業内で選挙で争点になっていることを話題にする、新聞などを校舎内に掲示する、公示日のニュースを授業内で観る、など、できることはたくさんあります。

あるいは、「保護者と一緒に投票所に行ってみよう!」と呼びかけることだって、立派な政治教育の働きかけです。

今回の選挙結果が、子どもたちの未来を決める、といっても過言ではありません(そもそも、”消費税の使途を問う”というのが争点であれば、なおさらです)。

高校のみならず、中学校、小学校、あるいは保育園・幼稚園でも、ぜひとも選挙や政治について取り上げてください。
そうした身近なところの働きかけが無いからこそ「選挙や政治について話してはいけない」という風潮を生み出してしまいます。

4歳は4歳なりに、16歳は16歳として、社会のこと、身の回りのことを考えています。
せっかく社会が盛り上がっているのです。この機会に、政治や選挙について話し合う機会を、10分でも、20分でも、創ってください。


<家庭・地域の役割>

子どもにとって身近な家庭。家族の中で、政治や選挙について会話が無いのに「今どきの若者は政治に関心が無い」なんて言ってしまって、良いのでしょうか。

新聞やテレビ、ネットニュースなどを家庭内で話題にしませんか。

そして、投票に行く際は、ぜひとも子どもと一緒に行ってください。
投票所に行く道中に、選挙のこと、子どもの未来について、ご自身の想いなどを話してください。
それだって立派な政治教育・主権者教育です。

子どもは、”親の背中”を見て育ちます。

また、ぜひとも学校に対して、身近な選挙や政治を扱うように、働き掛けてください。
(学校側は、地域の反応を気にしています。応援者がいれば、積極的に取り組めます)


<政党・立候補者の役割>

今回の総選挙は、新党が複数立ち上がったりしたこともあり、注目を集めています。
そして、立候補者にしてみれば、「当選しなければタダの人」のため、まずは目の前の有権者ばかり意識がいってしまうことでしょう。

しかし、これからの日本を支えていくのは、目の前の有権者だけではなく、未来の有権者も、です。

未来の有権者・若者に向けて、分かりやすく政策を語ってください。
未来の有権者・若者のことを意識した政策を語ってください。
未来の有権者・若者を見かけたら、ぜひとも声をかけてください。

「若者の投票率」が低いと言われていますが、今回の選挙においては、”若者の一票”が勝敗を決する可能性が高いです。
若者が投票に行ってみよう、と思える環境を心がけてください!


<若者の役割>

また、少子化の中で、”シルバーデモクラシー”と言われることにより、相対的に若年層の声が政治に届きにくくなっているのは事実です。

とはいえ、総選挙における選挙区は「小選挙区制」です。
一票でも多く取った候補者が当選します。
つまり、普段から投票に行く高齢者層以上に、若年層による一票が、実は当選を左右します。
前回(2014年12月)の総選挙では、<最小得票差は102票、2000票以内の僅差は10選挙区>でした。

「たかが一票では変わらない」とよく言いますが、”102票差”で当落が決まるとなると、「たかが一票」なんて言えません。
むしろ、皆さんの一票が、選挙区の候補者の当落を左右するのです。
「よく分からないから無責任に投票できない」という言い訳をするのではなく、「自分だったら」の視点で、一票を投じてください。


<未来の有権者の役割>

未来の有権者は、当然のことながら投票できませんが、今回の選挙結果が、皆さんのこれからの未来を決めることは間違いありません。
今回の選挙を、皆さんだったらどのように考えるのか。
実際の有権者となった時に、自分なりの視点で判断できるように、今回の選挙に注目してください。

ぜひとも、友だちや保護者などと、選挙や政治について話してください。

また、学校に対して、選挙や政治について取り上げるように、働きかけをしてください。


<マスメディアの役割>

色々と面白おかしく、報道するところもあります。
また、”フェイクニュース”と言われるように、「真実かどうか」分からない報道も増えてきます。

ただ、そうした行為が、結局は政治不信を招いているのも事実です。

情報を分かりやすく伝えることを、丁寧に取り組んでください。


2017/10/08

総選挙における模擬選挙の実施について

10月10日公示、22日投開票の総選挙。
今回も、模擬選挙の実施を呼びかけています。

今回も、全国30校近い学校(中学校、高校、大学)が、模擬選挙を実施します。
詳しくは、以下をご覧ください。


【第48回衆議院議員総選挙における模擬選挙について】 http://www.mogisenkyo.com/2017/10/08/913/

« 2017年9月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31