フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 都議選の投票率は、前回よりも高いとはいえ、参院選、知事選よりも6-8ポイント低い。 | トップページ | 【ドイツのシティズンシップ教育視察2017 part.1】視察・訪問の概要 »

2017/07/11

中学校の入試問題

昨年、出版した拙著『​「18歳選挙権」で社会はどう変わるか』(集英社新書、2016年) http://goo.gl/hROCm0 ですが、その中の一節が、昨年度(2017年1月)に行われた、某県の私立中学校の入試問題に採用されていたようで、過去問を出版している出版社から連絡がありました。


採用されたのは「社会」ではなく、「国語」。

ひらがなを漢字に直す、文中から抜けている接続詞を穴埋めする、筆者の考えを選ぶ、などなど。

問題文を読むと、確かに、国語の問題になっていて、自分が書いた文章ながら、不思議な感じがしました。


とともに、特に”筆者の考えとして最適なものを選びなさい”という設問において、うーん、この選択肢から選ぶのは難しいなぁと感じたり。。。

国語の問題として適切な文章なのか分かりませんが、でも、こうして人の目に触れることは嬉しいことです。


ちなみに、さっそく中1娘に解かせてみようとしたところ、「めんどくさっ!」と言って見向きもしてくれませんでした。。。

ぜひとも御一読ください!
『​「18歳選挙権」で社会はどう変わるか』(集英社新書、2016年) http://goo.gl/hROCm0

« 都議選の投票率は、前回よりも高いとはいえ、参院選、知事選よりも6-8ポイント低い。 | トップページ | 【ドイツのシティズンシップ教育視察2017 part.1】視察・訪問の概要 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中学校の入試問題:

« 都議選の投票率は、前回よりも高いとはいえ、参院選、知事選よりも6-8ポイント低い。 | トップページ | 【ドイツのシティズンシップ教育視察2017 part.1】視察・訪問の概要 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30