フォト

他のアカウント

Facebook Twitter Twitter

おすすめBook!

  • 林 大介: <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=hayadai1976-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087208389&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    林 大介:

  • NPO法人21世紀教育研究所 編: もうひとつの学校案内―オル...
    フリースクール、サポート校、通信制高校など最新データ400件以上掲載の「もうひとつの学校案内」。11校の取材記事、小山内美江子さん(脚本家)などからのメッセージも。2100円(税込) (★★★★★)
  • Rights編: 16歳選挙権の実現を!―選挙権...GENJINブックレット (26)
    選挙権・被選挙権に関するQ & A、世界各国の選挙権年齢の一覧、選挙権に関する法律抜粋などコンパクトにまとまっています。998円(税込) (★★★★)
  • 子どもの参画情報センター(編集) 、林他(著): 子ども・若者の参画―R.ハー...
    日本における子ども・若者の参画の意義を15人の実践家が執筆。私はもちろん「子ども・若者の政治参画の必要性」について。2100円(税込) (★★★★)

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017/06/28

「模擬選挙」だけが「主権者教育」ではない~その3

昨日、私が運営委員を務めている、日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)主催のイベント、<J-CEFスタディ・スタヂオTOKYO<TOKYO vol.6> 「主権者教育=『模擬選挙』でいいの?? 都議選での主権者教育授業体験から考える」>が東京大学で行われ、進行役として参加しました。

---
■テーマ:主権者教育=『模擬選挙』でいいの??

■話題提供者:中央大学4年 POTETO 古野香織さん

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)

■詳細
https://www.facebook.com/jcef.jp/photos/a.458152074253480.1073741825.430078743727480/1345613745507304/?type=3

---

大学生、中学・高校教員、教育委員会関係者、団体職員など、20名以上の参加で盛り上がりました。

話題提供をされた「POTETO」(https://poteblo.themedia.jp/ )は、主権者教育出前授業を行っている、中央大学、慶応大学、明治大学などなど、多彩な大学生によるグループです。

”あの”都立高島高校、県立湘南台高校などで出前授業を積まれています。


そして今回は、今週末に投開票日を控えた東京都議会議員選挙を題材にした出前授業を、先週、高島高校で実践したということで、その内容を参加者が体験し、その振り返りや、イベントタイトルである「主権者教育=『模擬選挙』でいいの??」について、参加者で意見交換しました。

ちなみに、「POTETO」が実践する出前授業は、5月に都立高島高校で行われた出前授業を、東洋大学の学生とともに見学したこともあり(この時は「フランス大統領選挙」がテーマでした)、今回の内容についても事前に伺っていました。


今回、体験した内容の詳細はここでは触れませんが、
・テーマ(今回は「待機児童問題」)に関するロールプレイ(5人一組でグループをつくり、それぞれに役割がある)を行い、そのテーマについて考え掘り下げる
・そのテーマについて、都議選で各政党がどのような政策を掲げているのか確認し、各政党の立場を理解する(ただし政党名はA党、B党などというように伏せてある)
・自分だったらどの政党の政策を支持するのか考え、投票する
というものでした。

今回は時間がないので40分程度の体験で終わりましたが、実際は説明等を含めて2時間(50分×2コマ)で実施したとのことです。


実際に、5人ずつの4つのグループに分かれ、模擬選挙ではない主権者教育プログラムを体験しました。

その後のディスカッションでは、以下のような意見・感想・改善点などが参加者から出ました。

---
・単に話し合うだけではなく、話し合う内容を自分事化できる工夫があり良かった

・最初はテーマについて話し合っていたが、最後に、実際の選挙(都議選)の各政党の政策を紹介していたのは面白かった

・高校生同士が話した内容の中で提案につながるものを、政治家や行政に届けるところまでできると良いのでは

・一方で、ロールプレイに留め、学校現場は実際の政治に繋がらなくても良いのではないか

・取り扱った内容は、はたして高校生にとってイメージしやすい内容だったのか

・複数の立場に分かれてのロールプレイで、その役割に応じた資料があり、面白かった

・扱ったテーマの当事者がクラス内にいる可能性があり、その場合のフォローはどうするのか

・役割に応じた資料があるのは良いが、その内容ははたして正しいのか。ファクトチェックはどうしているのか。

・ある自治体内での現状を取り上げているが、他の自治体とも比較ができたほうが、より多角的な視点から考えることができるのではないか
---

「楽しかった」だけではなく、こうして、改善点がでてくるのは良いこと。

私自身、色々な学びがありました。


学校現場では、「教科書を教える」ことを意識してしまう側面があり、ワークやディスカッションを取り入れたり、あるいは時事問題を扱うということは、結構、準備や手間がかかるため、おろそかになりがちです。

ましてやこうした体験型の教材を準備・作成するのは、実は結構、時間がかかります。多様な視点を盛り込もうと調べたり分かりやすくまとめるのも大変で、さらにワークシートを作ったり、時間配分を考えたり、となると。。。

限られた時間の中でどこまで掘り下げて考えられるようにするか、しかも、高校生が当事者意識をもてる内容にするためには、それだけ手間がかかります。

そして、実際に行ってみると、思わぬ質問が出たり、予期しないところで説明がうまくいかなかったり、、、

それでも、高校生が、教科書を読むだけではなく、自分のこととして話している姿に出会うと、うれしくもあり、だからこそ、高校生自身が考えることのできる授業にしたくなるのですが、でも時間にも限りがあり、、、


こうした現状の中、大学生が集まり、知恵やアイディアを寄せ合い、作業分担をして高校生対象の授業を考案・作成するのはスゴイなぁと感じます。

何より、高校生に近い大学生世代が、高校生が学ぶ場で実践するということは、教員にとっては太刀打ちできないところ。

高校生にとっても、身近なお兄さん・お姉さんから学ぶことは、それだけでも刺激になります。


ということで、今回のPOTETOによる授業は、課題もあるにせよ(教員だって、完璧な授業なんてそうそうできるものではありません)、概ね好評でした。

このプログラムは、今回は都議選における争点を意識はしていましたが、選挙ではない時期でもできる内容。どこかのタイミングで、こうしたプログラムを体験できると、高校生の主権者意識も育まれるのではないか、と思いました。


そもそも、選挙の時に、模擬選挙すら取り組むことができない現状の中で、こうした「特別な授業体験」の場を、教育の場でどれだけ用意できるか、というのも課題だったりもします。

選挙の時は、実際に社会が盛り上がり、選挙への意識が高まっている時期だからこそ、「生の政治」について考える時間を設けて欲しいと思わずにはいられません。

2017/06/19

「模擬選挙」だけが「主権者教育」ではない~その2

本日6月19日は、「18歳選挙権」となった公職選挙法改正施行から1年目。

18歳選挙権後、初めて行われた国政選挙が参議院議員選挙だったわけですが、その参院選の結果によって共謀罪法が成立したことを考えると、選挙によってもたらされる力は大きいということを、改めて感じます。

共謀罪法については反対の声も大きいですが、そもそも国会において、与党は過半数の議席を押さえています。
「共謀罪」が成立することは、当初から予期されていたことでもあります。

「22時間バトル国会、与党が禁じ手で「共謀罪」成立」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170615-01840390-nksports-soci

もちろん、会期延長や法案が修正される可能性、そのことによって廃案になる可能性も有りました。また、十分な審議時間が確保されていたのか、そもそも共謀罪法はテロ対策ではないのにも関わらず「テロ対策のために必要」という政府の主張のあり方、委員会採決をしないなど、審議の進め方を含め、課題を残しているのも事実です。

とはいえ、今回、共謀罪法に「賛成」票を投じた「国会議員」を選んだのは18歳以上の有権者。
今回の法案成立は「正当に選挙された国会における代表者」が出した結論であり、これはこれで、民意を反映していることになります。


当然、「政治」は「選挙」だけではありません。日頃から社会課題について考えたり、話し合ったりすることが大事です。
選挙だけですべてが決まるわけではなく、日々の営みの中で、課題に立ち向かっていくことも大事です。
個人間の課題であれば話し合いで解決することも多々ありますし、すでに制定されているルールに基づいた範囲であれば、行政に働きかけることによって解決することもあります。


そして有権者は、選挙で投票したからといって、当選した議員に「白紙委任」しているわけではありません。

共謀罪法に「賛成」票を投じた「国会議員」を選んだ有権者の中には、共謀罪法については、自分が票を投じた議員とは異なる考えを持つ方もいるかもしれません。

とはいえ、新たにルールを制定したり、現行のルールを改廃するためには、議論を踏まえて議会で決める必要があります。

世の中のルール(法律や条例)や予算配分を決めるのが、「正当に選挙された国会における代表者」(地方自治体の場合は、「正当に選挙された地方自治体における代表者」)の役目である以上、私たち有権者は、「白紙委任」ではないとはいえ、選挙の際には、候補者がどのような考えを持っているのか、候補者の所属政党・グループはどのような考え・主張なのかを理解しておくことが重要であり、誰を選ぶのか、どの政党を支持したらいいのかを日頃から意識することが大事になります。


共謀罪法に賛成票を投じた議員が過半数を超えたからこそ可決したのですが、共謀罪法に賛成票を投じた議員を、有権者が支持(当選させた=選択)した結果なのだと、私はとらえています。

ただ、「有権者が投票した共謀罪法に賛成票を投じた議員が過半数」とはいえ、昨年の参院選の投票率(「18歳選挙権」で盛り上がりましたが)は54.70%で、過去4番目の投票率でした。
 投票率54・70%と発表 総務省、4番目の低さ

また、前回の衆議院議員総選の投票率は52.66%で、こちらは過去最低でした。
 前回より6.66ポイント減【衆院選2014】挙の間近の投票率は52.66%
 

衆参ともに4割以上の有権者が投票に行っていません。

つまり、5割強の有権者の選挙結果によって、今回の共謀罪法は成立した、ということになります。


とはいえ、投票率が低かろうと、当選は当選。選ばれた議員は、自分の考えに基づいて行動をしたわけです。


今回の共謀罪法可決を受けて、「国会が死んだ」「言論の府が死んだ」といった声も聞こえますが、そもそも、私たち有権者自身が選択した結果である、ということを、もっと私たち有権者は、自覚すべきだと思います。

もちろん、共謀罪法に反対の立場の議員を選んだ有権者もいますし、反対の立場の候補者に投票したけど選挙で負けてしまった、という有権者もいます。

しかし、結局は”数”で決する現状においては、共謀罪法を支持する議員をより多くの有権者が選挙で当選させた、という現実を、私たちは認識することが大事です。

そしてまた、(いわば、共謀罪法成立との取引に使われてしまったために)会期末ギリギリで全会一致で採決された、性犯罪を厳罰化する「刑法改正案」も、私たち有権者による選択の結果だということも、認識する必要があります。


だからこそ、有権者になり、一票を投じるということは、投票の結果を引き受ける覚悟を持つということだということを、自覚する必要があります。

自分の代理人を選ぶ選挙だからこそ、何が争点で、どこに課題があり、どんな展望がありうるのかを、自分事として考える必要があります。

有権者となる18歳になれば、自然と、誰を選んだらよいのかの判断がつくようになるのか。
そうした方もいるかもしれませんが、皆が皆、18歳で判断できるようになるわけではないでしょう。18歳を超えて働くようになってから、あるいはライフステージが変わることで、判断する内容も異なってくるかもしれません。

日頃から社会課題について考えたり、話し合ったりするだけではなく、やはり、実際の政治の現場でどのような判断が行われているのか、どんな法案が審議され、その法案について誰が、どの政党が、どのような賛否を示しているのか。

そして自分自身は、誰を、どの政党を支持するのか。

実際に選挙の際に、誰に、どの政党に一票を投じるのか。

有権者になる前から、選挙の時に、どのような判断をすべきなのかを多様な意見・考えを通じて考え、学ぶことが不可欠なのです。

そして、選挙の時だからこそ、考え、行動(票を投じる)につながります。


だからこそ、(実際の選挙を題材にした)模擬選挙は、自分が生きている社会のあり方について、一人の主権者として、向き合う機会であり、貴重な主権者教育の場なのです。

模擬選挙だけが主権者教育ではないのは事実ですが、実際の選挙を題材にするからこそ、まさに自分事として選挙をとらえる機会となるのです。

今、世の中では何が課題なのか。どのような方向に進もうとしているのか。どんな方が立候補しているのか。選挙だからこそ、現実的に考え、選択することが問われる。そうした考える時間を、有権者になる前から過ごすことが、賢い有権者を育てることにつながります。

つまり、(実際の選挙を題材にした)模擬選挙は、自分の一票の価値を感じ取る瞬間を生み出す絶好の機会なのです。

そのうえで、主権者教育は模擬選挙だけで良いのか、という問いも、もちろん大事です。

というわけで、イベント案内です。

---
J-CEFスタディ・スタヂオTOKYO<TOKYO vol.6>
「主権者教育=『模擬選挙』でいいの??
 都議選での主権者教育授業体験から考える」

■日時:2017年6月27日(火)19時〜21時(開場:18時45分)

■会場:東京大学本郷キャンパス医学部1号館S309(最寄駅:本郷三丁目駅)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_02_j.html

■テーマ:主権者教育=『模擬選挙』でいいの??

■話題提供者:中央大学4年 POTETO 古野香織さん

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)

■詳細
https://www.facebook.com/jcef.jp/photos/a.458152074253480.1073741825.430078743727480/1345613745507304/?type=3

■申し込み先 info@jcef.jp
 以下の申込フォームに必要事項を記入したものを、上記メルアドに送信してください
=======================================
J-CEFスタディ・スタヂオ 申込フォーム
 *メール件名:J-CEFスタスタ申込(お名前○○○○)
・お名前:
・ご所属:
・メールアドレス:
・参加会場;TOKYO
=======================================

---

当日は、私が進行役を務めます。

皆さんのご参加、お待ちしています!!

2017/06/15

「模擬選挙」だけが「主権者教育」ではない~その1

公職選挙法が改正となり、18歳選挙権となってからまもなく1年が経ちます。

2016年7月の参院選が18歳選挙権最初の国政選挙ということもあり、新たに有権者となる18-19歳、特に「18歳の高校生」に対する「主権者教育」として、「模擬選挙」「模擬投票」が大きく取り上げられました。

2002年2月の町田市長選挙以降、実際の選挙を題材にした「模擬選挙」の推進に取り組んできた私としては、「模擬選挙」が大きく取り組まれるようになったことには、隔世の感がありました。

そうした中での18歳選挙権時代到来で、空前の「模擬選挙ブーム」となりました。


ただ、その一方で、【「模擬選挙」だけが「主権者教育」?】という批判も色々と聞こえてきました。


そもそも、「生の政治」を学校現場で取り組むことが忌避されていた中で、選挙の時くらい、その町で生きている未来の有権者が、自分の町の未来について学び、考え、意見交換すべきではないか、という思いで始めたのが模擬選挙。

もちろん、模擬選挙以外にも魅力的な主権者教育のプログラムはたくさんあります。そうした模擬選挙以外の教育に取り組めるのであれば、取り組めばよいだけのこと。模擬選挙がすべてだとは私は考えていません(そんなことを発言したことも、考えたこともありません)。

ただ、模擬選挙すら取り組めてなく、そもそも、これまで主権者教育が後回しとなっていたことを考えると、とにかく模擬選挙なら取り組めるのであれば、初めの一歩を踏み出して欲しいと思いますし、模擬選挙を批判するのではなく、主権者教育に取り組んできていなかったことを批判すべきでしょう。


とはいえ、「模擬選挙」と言いながらも、「デザート選挙」だったり、「歴史上の人物を選ぶ」だけだったりと、単なる「投票体験」が「模擬選挙」という名称で取り組まれていたのも事実であり、そうした「投票体験」を批判する文脈で「模擬選挙批判」がされていたのも事実です。

ちなみに私自身は、
 ・模擬選挙=実際の選挙を題材にして投票を行う取り組み
 ・模擬投票=歴史上の人物や、好きな食べ物・動物などを題材にして投票する、いわゆる投票体験
というように分けて考えていますが、別にこれは、文科省や総務省、明るい選挙推進協会などが定義しているわけでもないため、混在し、整理されないまま、「模擬選挙」「模擬投票」という言葉が使われていたりもします。


そのうえで、模擬選挙だけで良いのか、という問い自体も大事だったりもします。

というわけで、イベント案内です。

---
J-CEFスタディ・スタヂオTOKYO<TOKYO vol.6>
主権者教育=『模擬選挙』でいいの??
 都議選での主権者教育授業体験から考える

■日時:2017年6月27日(火)19時〜21時(開場:18時45分)

■会場:東京大学本郷キャンパス医学部1号館S309(最寄駅:本郷三丁目駅)
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_02_j.html

■テーマ:主権者教育=『模擬選挙』でいいの??

■話題提供者:中央大学4年 POTETO 古野香織さん

■主催:日本シティズンシップ教育フォーラム(J-CEF)

■詳細
https://www.facebook.com/jcef.jp/photos/a.458152074253480.1073741825.430078743727480/1345613745507304/?type=3

■申し込み先 info@jcef.jp
 以下の申込フォームに必要事項を記入したものを、上記メルアドに送信してください
=======================================
J-CEFスタディ・スタヂオ 申込フォーム
 *メール件名:J-CEFスタスタ申込(お名前○○○○)
・お名前:
・ご所属:
・メールアドレス:
・参加会場;TOKYO
=======================================

---

皆さんのご参加、お待ちしています!!

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31