フォト

他のアカウント

Facebook Twitter Twitter

おすすめBook!

  • 林 大介: <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=hayadai1976-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087208389&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    林 大介:

  • NPO法人21世紀教育研究所 編: もうひとつの学校案内―オル...
    フリースクール、サポート校、通信制高校など最新データ400件以上掲載の「もうひとつの学校案内」。11校の取材記事、小山内美江子さん(脚本家)などからのメッセージも。2100円(税込) (★★★★★)
  • Rights編: 16歳選挙権の実現を!―選挙権...GENJINブックレット (26)
    選挙権・被選挙権に関するQ & A、世界各国の選挙権年齢の一覧、選挙権に関する法律抜粋などコンパクトにまとまっています。998円(税込) (★★★★)
  • 子どもの参画情報センター(編集) 、林他(著): 子ども・若者の参画―R.ハー...
    日本における子ども・若者の参画の意義を15人の実践家が執筆。私はもちろん「子ども・若者の政治参画の必要性」について。2100円(税込) (★★★★)

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017/04/19

労働教育と主権者教育

昨日(4月18日)、日本労働組合総連合会(連合)主催による「労働教育および主権者教育に関するシンポジウム~若者が安心して学び働ける社会の実現に向けて~」において、『18歳以上選挙権と主権者教育』と題した講演を行いました。

18歳選挙権関係で主権者教育について講演などを依頼されますが、そのほとんどが、教員向けだったり、高校生向けだったりと、何かと「学校関係者」向けがほとんどです。

しかし、このシンポジウムは、全国の連合加盟の労働組合から200名近くの方が参加されており、連合傘下の日本教職員組合(日教組)からの参加も数人いましたが、9割以上は教員以外の方が参加されていました。

そうした参加者の中で、「主権者教育」について話すということはどういうことなのか。

”政治的中立性”が求められる学校現場において、「連合が支持する政党や候補者を学校で教えるように働きかける」なんてことはできるわけではない中、依頼された内容でどのような話をしたらよいのか。

そしてまた、私が話す前には、「実践的な労働教育推進んい向けた労働組合の役割」と題したパネルディスカッションが行われています(パネリストは、研究者、弁護士、高校教員の3名)。

※日弁連「ワークルール教育推進法(仮称)の制定を求める意見書
 
 
「主権者教育」と「労働教育」をどのように連携したらよいのか。

色々と悩みました。


そうした中、迎えた当日ですが、労働教育のパネルディスカッションを聴いていますと、高校生や大学生がブラックバイトに出会ったときにどうしたらいいのか、あるいは、働く際に何に気を付けたらよいのかといった、ワークルール教育(労働教育)の事例を扱っているのですが、「大学生は」、問題解決の主体という意識を持つことが大事」「バイトのシフトをどのようにするかなど、自己決定や交渉を行える力を身に着けることが必要」「コミュニケーション能力を高める」といったことが、キーワードとして出てきました。

まさに、これらは、”主権者教育”でも大事な要素です。

つまり、「主権者教育」と「労働教育」は、別々のものではなく、その根幹においては、大きく重なるものがあります。

「主権者教育」は、学校だけで行うものではなく、実は、大人自身がもっと意識して取り組むべきものだということを、講演を通じて伝えることができたように感じています。

また、私自身の講演の持ち時間は80分でしたが、80分間話し続けるのではなく、途中で30分ほど、参加者による3-4人でのディスカッションの時間をはさみました。

その際、「労働組合が取り組める主権者教育にはどのようなものがあるか。組合として、組合員として、親として、市民として、それぞれの立場できることを考える」ということをお題として提示しました。

ディスカッション後にいくつかのグループから、話し合った内容を発表してもらいましたが、
 ・「何かおかしい」と思ったことがあれば、会社や地域に対して声をあげていく雰囲気をつくっていく
 ・働くことが役に立っている、ということを感じられるように、ホワイト職場ランキングなどを表彰する
 ・様々な課題について、具体的な問題から考える場を創る
 ・子どもが自分の意見を言えるような雰囲気をつくっていく
 ・家庭で、親自身が子どもに対して、社会のことを分かりやすく話す
といったことが出てきました。

「組合として」何ができるのか、ということを考えることも大事なのですが、それだとどうしても「組合」メインで、「自分事」として落とし込むことができにくい。

組合としての行動も大事ですが、まずは一人の人間として、おとなとして、家庭や社会と向き合い、おかしいことをおかしいと言えるようにしていかなければ意味がありません。

そして、こうしたことは、私だけの考えではありません。
参加者一人一人、実は分かっていることで当たり前だと感じているのだけど、言い出しにくかったりします。

また、大人自身が動いていないのに、子どもたちだけに主権者教育を行っていても、効果はありません。
大人自身が、もっともっと、社会と向き合い、自分事化していくことが大事であり、そうした姿をきちんと子どもたちに見せることが大事です。

そうしたことを、今回、気づいてもらえる場にできたのではないか、と思っています。

2017/04/12

小学5-6年生限定! 参議院70周年記念「子ども国会~私たちがつくる未来」

今年2017年は、参議院が創設されて70年を迎えます。
今回、70周年記念として、「子ども国会~私たちがつくる未来」を開催することとなり、現在、子ども国会議員150名、募集しています。


http://www.sangiin.go.jp/japanese/san70/kodomokokkai/index.htm

子ども国会の対象は<小学5、6年生およびこの年齢に相当するすべての子ども、150名(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県から各4名、その他の38府県から各3名を選出)>。

開催日は<平成29年7月30日(日)および31日(月)の2日間>で、旅費・宿泊費が出ます(なお、保護者1名の同行が必須で、同行する保護者の旅費・宿泊費も出ます)。

募集期間は<平成29年4月3日(月)~5月12日(金)(当日消印有効)>。
居住地の教育委員会を通じて申込み、各都道府県教育委員会で参加者の抽選が行われます。


実際に、本会議場での議論するほか、委員会室での議論、議長・大臣などとの意見交換等、参議院ならではのプログラムとなっています。

子ども国会は、初回は、今から20年前の1997年の「参議院50周年記念」に開催。その後、2000年(ミレニアウム)「子ども国会」、2012年「子ども国会~復興から未来へ~」、と行われており、今回で4回目。

初回の1997年に開催されたときは、私は大学生でしたが、3日間行われ、その時、傍聴に行ったことを覚えています。子どもが本会議場に足を踏み入れることは初めてことで、中学生が「子ども国会新聞」を子ども国会会期中に毎日発行していたり、大きく取り上げられていました。

終日、参議院の職員が子ども国会議員の対応をし、委員会審議や宣言文の作成などに、親身にサポートしていたことが思い出されます。

国会での審議は、国会議員と大臣・行政職員だけではなく、国会審議をサポートする職員である<参議院事務局の職員>の存在を、恥ずかしながら初めて知ったのですが、まさに、実際と同じように、子どもを議員として扱い、子ども議員の後ろでサポートしている姿から、議会を支えることの大切さを実感しました。

今回も、参議院の職員が、寝食を含めてサポートされるのだと思いますが、めったにない貴重な機会を体験できるのではないかと思っています。

こうした機会を通じて、政治を身近に感じるとともに、選ばれた子ども国会議員のみならず、子ども国会議員の家族やその友人、学校などで、政治について考える機会が生まれるのではないかと思っています。


参加できる人数には制限がありますが、興味のある方は、ぜひとも応募をしてください!!
(過去の参加者名簿をみていると、同じような青少年団体(ここでは特に明言しませんが)から選ばれている場合が多く、もっと多様な方に参加してほしいと思っています)

ちなみに、2012年「子ども国会~復興から未来へ~」の時、私は文科省の職員として、子ども国会の対応をしていました。


なお、子ども国会の対象は小学5-6年生ですが、参議院では、70周年記念として、中高生世代対象の「記念論文 「私が国会議員になったら実現したいこと-私たちが望む未来-」 」も募集していました。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/san70/ronbun/index.htm」

こちらはすでに応募が締め切られており(なんと、中学生5,200通、高校生1,874通、合計7,074通の応募があったとのこと)、今月末に、受賞作品の発表が行われるとのことです。

こちらもどんな作品が選ばれるのか、その内容も含め、楽しみです!

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31