フォト

他のアカウント

Facebook Twitter Twitter

おすすめBook!

  • 林 大介: <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=hayadai1976-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087208389&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    林 大介:

  • NPO法人21世紀教育研究所 編: もうひとつの学校案内―オル...
    フリースクール、サポート校、通信制高校など最新データ400件以上掲載の「もうひとつの学校案内」。11校の取材記事、小山内美江子さん(脚本家)などからのメッセージも。2100円(税込) (★★★★★)
  • Rights編: 16歳選挙権の実現を!―選挙権...GENJINブックレット (26)
    選挙権・被選挙権に関するQ & A、世界各国の選挙権年齢の一覧、選挙権に関する法律抜粋などコンパクトにまとまっています。998円(税込) (★★★★)
  • 子どもの参画情報センター(編集) 、林他(著): 子ども・若者の参画―R.ハー...
    日本における子ども・若者の参画の意義を15人の実践家が執筆。私はもちろん「子ども・若者の政治参画の必要性」について。2100円(税込) (★★★★)

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017/03/31

東洋大学の4年間を終えて、次の一歩へ。

2013年4月1日から4年間、東洋大学社会学部助教として、研究・教育の場で働いてきました。
「4年間の任期付き」ということで、本日、2017年3月31日をもって、東洋大学を退職致します。

これまで、中学校・高校で教えてきた経験はありますが(当然ながら、教員免許を取得しています)、大学となるとまた違った環境になり、最初の頃は戸惑いも多数ありました。

そもそもこれまで、「市民活動」をしてきていますので、そうした活動を報告したり、プレゼンしたり、あるいは支援者に協力を依頼したりというように、「活動」をメインにしていました。

とはいえ大学教員は、単なる教育職というわけではなく、研究職という側面もあり(むしろ、こちらのほうがメインとも言えますが)、論文執筆や、学会発表など、これまで意識して取り組んでこなかったことに取り組んできた4年間でした。


そうした中、「18歳選挙権」が突如として国会での議論となったことで、これまで「市民活動」として取り組んできた「模擬選挙」を含め、「主権者教育」「政治教育」がクローズアップされ、文部科学省・総務省による副教材作成を始めとして、新聞、テレビ、ラジオなどでも取り上げていただき、活動の場が拡がったことは、「想定外」でしたが、非常に大きな経験となりました。

なかでもやはり、集英社から新書『「18歳選挙権」で社会はどう変わるか』(2016年) http://goo.gl/hROCm0 を出版したことは、これまでの取り組みを踏まえつつも、大学教員としてこのタイミングで出版できたことは、大きな意味がありました。

もちろん、これらの成果にあたっては、ここでは書きませんが、お世話になった多くの方々との出会いがあったからこそだとつくづく感じており、感謝にたえません。

与えられるだけではなく、与える側に私自身も踏み込んでいきたいと、感じています。


そして、4月からは、以下のことに取り組むことになります。何卒よろしくお願いいたします。

*東洋大学ボランティア支援室 ボランティア・コーディネーター
*東洋大学社会学部 非常勤講師
*立教大学 兼任講師
*中間支援NPOにおけるサポート業務
*政治教育、主権者教育、子どもの権利保障の推進
*子ども系NPOのサポート業務


東洋大学に新たに開設される【東洋大学ボランティア支援室】。
 http://www.toyo.ac.jp/site/csc/316315.html

実はこれまで、東洋大学には、大学としてのボランティアセンターは設置されておらず、学生主体となっていましたが、創立130年を迎える中、より学生にボランティア活動をサポートすべく、ボランティア支援室を開設することとなりました。

これまでも、外部のボランティア団体・NPO・企業CSRなどからボランティア情報が寄せられており、これまでは各学部などでの周知にとどまっていました。今後は、ボランティア支援室を通じて、約3万人の学生に対してボランティア情報を届けることになります。東洋大生に対するボランティア情報を、ぜひともお寄せいただきたいと思います。

また、学生サークルによるボランティア活動も、多数、展開しています。すでに3月中に、ボランティアサークルの代表者と意見交換を行ってきましたが、国際、環境、障がい者、子ども、高齢者、読み聞かせなどなど、多岐にわたっています。これらのサークルの活動がより活発化するように、サポートしていきます。

そして、こうした、東洋大学におけるボランティア活動について、社会に対してきちんと届けていきたいと考えております。


東洋大学ボランティア支援室のほか、前述しましたように、「政治教育・主権者教育」「子どもの権利保障」などにも、これまで以上に、積極的に取り組んでまいります。

今後とも、よろしくお願いいたします。

2017/03/17

昨年7月の参院選における高校3年生相当の投票率

総務省で開催されている「主権者教育の推進に関する有識者会議」において配布され、すでに公表となっていますが、<昨年7月の参院選における高校3年生相当の投票率>のデータをまとめてみました。

静岡、福井、京都、愛媛、佐賀、大分、宮崎の各府県のみですが、<18歳代の投票率>よりも、<高校3年生相当の投票率>が高いことがよくわかります。

===
第24回参議院議員通常選挙における高校3年生相当の投票率(%)

<静岡県>
高校3年生相当=81.3
 ※県教委アンケートより(新有権者約4,900人を対象)
 ※18歳全体=48.70/19歳全体=37.15/県全体=55.76

<福井県>
高校3年生相当=70.73
 ※全数調査より平成10年4月2日~7月11日生まれの者を抽出
 ※18歳全体=48.10/19歳全体=36.24/県全体=56.50

<京都府>
高校3年生相当=73.4
 ※府教委アンケートより(新有権者約3,200人を対象)
 ※18歳全体=51.12/19歳全体=42.78/県全体=51.16

<愛媛県>
高校3年生相当=67.72
 ※全数調査より平成10年4月2日~7月11日生まれの者を抽出
 ※18歳全体=41.43/19歳全体=29.90/県全体=56.36

<佐賀県>
高校3年生相当=68.2
 ※佐賀新聞アンケート(佐賀新聞ウェブサイトにて県内38校6,123人が回答)
 ※18歳全体=49.61/19歳全体=40.02/県全体=56.69

<大分県>
高校3年生相当=70.23
 ※全数調査より平成10年4月2日~7月11日生まれの者を抽出
 ※18歳全体=47.75/19歳全体=37.17/県全体=58.38

<宮崎県>
高校3年生相当=64.56
 ※26市町村のうち19市町村からの抽出
 ※18歳全体=38.54/19歳全体=28.07/県全体=49.76
===

※出典
 主権者教育の推進に関する有識者会議(第1回)
  http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/syukensha_kyoiku/index_00001.html
 資料1 参議院議員通常選挙(選挙区)における投票率の推移及び年齢別投票率PDF
  http://www.soumu.go.jp/main_content/000461902.pdf


高校の現場において、投票に行くことの呼びかけや、模擬選挙を含めた選挙啓発の効果があったと言えるでしょう。

逆を言えば、今回、学校で行われたような呼びかけが今後も継続されないと、投票率が下がる可能性もあります。

すでに、各地では地方選挙が行われており、それらでの18歳代の投票率の低下も指摘されてきています。

投票率がすべてだとは言いませんが、それでも、選挙や政治にいかにして関心を向かわせていくのかは、大きな課題だと言えます。

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31