フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 本日、11月20日は「世界子どもの日」。 | トップページ | 昨年7月の参院選における高校3年生相当の投票率 »

2017/02/13

総務省「主権者教育の推進に関する有識者会議」に出席

総務省が、「主権者教育の推進に関する有識者会議」を1月に立ち上げました。

「主権者教育の推進に関する有識者会議」
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/syukensha_kyoiku/index.html

「18歳選挙を振り返る…「主権者教育の現状と課題」年度内に取りまとめ」
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12185-35903/


現在、私も、その委員として、会議に出席しています。


この間、2回の会合が行われ、以下のようなことの議論や情報交換をしてきています。

 ・昨年7月の参院選における18歳、19歳の投票率について

 ・高校、大学での主権者教育について

 ・特別支援学校での取り組みについて

 ・学校における政治教育の政治的中立性について

 ・若年層の選挙啓発のあり方について

 ・選挙管理委員会や明るい選挙推進協会の取り組みについて

 ・若年層以外の大人に対する選挙啓発について

 ・公職選挙法について

 ・国政のみならず、地方自治体における選挙啓発のあり方について

 ・地域、地方自治体への参加のあり方について

 ・地方自治体で行われている子ども議会/子ども会議/若者会議/若者議会について

 ・議員、政党による政治教育のあり方について


3回目の委員会は3月上旬に行われ、この場で、ある程度の方向性がまとまる見込みです。


これからの主権者教育のあり方について、ご意見、ご要望等ございましたら、
遠慮なくお寄せください。

すべてを会議の場で反映できるわけではありませんが、
できうる限り、多くの声・意見を反映させていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。

« 本日、11月20日は「世界子どもの日」。 | トップページ | 昨年7月の参院選における高校3年生相当の投票率 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総務省「主権者教育の推進に関する有識者会議」に出席:

« 本日、11月20日は「世界子どもの日」。 | トップページ | 昨年7月の参院選における高校3年生相当の投票率 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30