フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 未来の有権者が考える参院選~未成年”模擬”選挙2013(文部科学省後援) | トップページ | 日本の未来を担う子どもとともに、日本の未来について語り、投票に行きましょう! »

2013/07/12

有権者の皆さん、お子さんと一緒に投票所に行き、一票を投じる姿をお子さんに見せてください!

選挙がスタートし、期日前投票も始まっています。投票率が低いのではないか、と言われていますが、貴重な一票、必ず投じてほしいと思います。

---

お子さんのいる有権者の方、ぜひとも投票する際は、お子さんと一緒に投票所に行き、有権者として一票を投じる姿を、お子さんに見せてください。

有権者となると何をするのか、どうやって投票するのか。そもそも投票所はどうなっているのか・・・。

親の姿を見せることも、未来の有権者を育てる貴重な機会です。
親の姿を見て子どもは育ちます。


この間、模擬選挙の見学のためにいくつかの学校に行きましたが、投票所に親と一緒に行ったことのある子、少なかったです。

暑くて、子連れで、というのは面倒なことかもしれません。

でも、有権者の一票が、子どもたちの未来につながっています。
責任を持って、一票を投じているんだ、という親の姿を、ぜひとも子どもに見せてください。
何より、投票する姿を見せられるのは、親だけです。


そして、投票所への行き帰りのわずかな時間でもいいので、選挙について、政治について、日本のこれからについて、お子さんと話してください。お子さんの思いを聴いてください。

3歳は3歳なりに、10歳は10歳なりに、自分の考えを持っています。
「選挙って何するの?」「この人どんな人?」「○○党って何?」・・・
”子どもらしい”素朴な疑問が出るかもしれません。
でも、そうした疑問や質問に、きちんと向き合ってください。
政治について話いいんだ、という安心できる場を、ぜひとも作ってください。


未来の有権者は勝手に育つわけではありません。

有権者が、未来の有権者を育てるのです。

皆さんにとって一番身近な未来の有権者と、ぜひとも日本の未来について、話してください。

そして、できれば未来の有権者に、「模擬選挙で、君の一票を投票することができるよ」と伝えていただけると嬉しいです。

« 未来の有権者が考える参院選~未成年”模擬”選挙2013(文部科学省後援) | トップページ | 日本の未来を担う子どもとともに、日本の未来について語り、投票に行きましょう! »

コメント

林大介さま、
上智大学の田中治彦です。ご無沙汰しています。
上智で18歳選挙権と市民教育のセミナーを考えています。
ご協力いただければ嬉しいのですが・・
メールいただけますか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 未来の有権者が考える参院選~未成年”模擬”選挙2013(文部科学省後援) | トップページ | 日本の未来を担う子どもとともに、日本の未来について語り、投票に行きましょう! »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30