フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 日本教育新聞でコラムを執筆! | トップページ | 「大臣と語ろう~中・高校生リーダーが文部科学大臣を囲んで~」(4月14日開催)での主な発言内容 »

2012/03/14

あれから1年・・・

1年前の今日(14日)は月曜日。

前の週の11日(金)に発生した大地震によって、通勤に使っている小田急線が止まり(記憶によれば、和泉多摩川~新宿のみ運行をしていた)、出勤することができず、やむなく自宅待機をしていた日。

そして、本来ならば11日は連絡があったであろう「内定」の連絡が、この日にありました。

地震発生前と、地震発生後とでは、「転職」するにもキモチのあり方が異なり、正直、内定の連絡をどのように受け止めようかと、終始、悩んだ日でもありました。
少なくとも、4月1日付で転職するのは難しく(さすがに、4月1日付けで転職するにしても、1ヶ月前までには連絡が欲しかったところですが)、断ることも含め、悩み、その旨を伝えた日でもありました。

数日後、「計画停電」のために電車が動かない恐れもある中、虎ノ門に向かって採用担当者と話しあい、ひとまず「1ヶ月の延期」としました。


転職したことで多大な迷惑をかけたと感じており、「自分勝手」という想いも今でも抱いています。


はたして転職したことが良かったのかどうか。
転職したことが、自分だけではなく、何か社会のためになっているのかどうか。

そうした悩み・不安を抱きつつ、でも、前に進むしかない。

自分で選んだ道であり(そしてまた、その道に、家族を含め色々な方に影響を及ぼしている面もありますが・・・)、後ろを向いて歩むのではなく、前を向いて、歩んでいこうと思います。

« 日本教育新聞でコラムを執筆! | トップページ | 「大臣と語ろう~中・高校生リーダーが文部科学大臣を囲んで~」(4月14日開催)での主な発言内容 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年・・・:

« 日本教育新聞でコラムを執筆! | トップページ | 「大臣と語ろう~中・高校生リーダーが文部科学大臣を囲んで~」(4月14日開催)での主な発言内容 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30