フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 「NPO」から「国家公務員」への転職~1ヶ月経過 | トップページ | 気が利く娘 »

2011/06/08

子どもの成長、世界の拡がり

子どもの成長、世界の拡がり
毎年恒例となった保育園の“保育参加”。

今年度は、息子のみですが、急遽昨日、有給休暇を取って、妻に代わって参加してきました。


今回は、私以外に父親一人、母親四人の計六人の参加でした(保育参加は3回に分けて実施)。


担任二人のうち一人が男性(他市から採用)。

確かに、女の先生だけとは違い、男性パワーと言いますか、元気さが異なりますね。


“負けん気”が強い息子は、“立ち向かう”のではなく“引く”タイプで(先生からも言われました)、みんなで作った新聞ロケットの飛ばしっこも、はなから“どうせ負けるからやだ〜”とグズグズ。

ま、それでもじきに気を取り直したので、良し、ですかね。

他の園児とも遊び、それぞれの成長を感じました。


やはり、家で見せる姿と、外の世界での姿は異なり、多様な世界で生き、様々な関係性の中で成長していくことは大切だと実感。


これまでは、給食を一緒に食べた後に仕事に向かっていたのですが、娘が一年生になったこともあり、一日休むことにして、給食後には息子と帰宅し、娘が帰宅するのを待ちました(普段は妻が、19時ギリギリに学童クラブまで迎えに行くため、一人での帰宅経験が無く、明るい時間帯での一人での帰宅を初めてさせました)。


帰宅後、子どもたちと公園まで行ったのですが、娘が今までできなかったブランコの立ち乗りをしていたり、公園にいたクラスの男の子と遊び始めたりと、これまた娘の世界の拡がりを実感しました。


さて、次の休みは・・・7月になるまで無さそうです。
その時にはどんな成長を見せるのか、楽しみです。

« 「NPO」から「国家公務員」への転職~1ヶ月経過 | トップページ | 気が利く娘 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの成長、世界の拡がり:

« 「NPO」から「国家公務員」への転職~1ヶ月経過 | トップページ | 気が利く娘 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30