フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 今週の講演・ワークショップは1日(金)@目黒区、3日(日)@港区 | トップページ | 「NPO」から「国家公務員」への転職〜2 ヶ月経過 »

2011/06/30

唐津市での講演が、佐賀新聞で取り上げられました!

先日、佐賀県唐津市で行われたイベントで講演した時の様子が、佐賀新聞で写真つきで取り上げられました。

http://www.saga-s.co.jp/news/saga.0.1964989.article.html

10代の子の育て方、考えるフォーラム 唐津市  

中高生ら10代の子育てについて考えるフォーラムが26日、唐津市高齢者ふれあい会館りふれであった。日本子どもNPOセンター理事の林大介さん(35)=東京都=が「子どもと未来を拓(ひら)く」と題して基調講演。「子どもを『未来の大人』と受け止め、自尊感情を育てていくことが大切」と参加した約50人に語りかけた。

 林さんは、内閣府が2007年に実施した調査で中学生の25・1%が「自分に全く自信がない」と答え、他のOECD加盟国と比べて突出して比率が高かったことを説明。自尊感情や自己肯定感を高めるため、「『未来の大人』として接することが大事」と訴えた。

 具体的な取り組みとして、2007年から東京都内の中学校や高校で実施している「模擬選挙」を紹介。街や社会の主権者として投票させることで「『自分が意見を言っていいんだ』と感じるようになる」と語った。

 パネル討議では「子どもの育ちを支えるために大人ができること」をテーマに林さんやNPO代表ら5人が発言。「地域の子どもは自分の子どもと思って接するべき」とする意見などが出された。

« 今週の講演・ワークショップは1日(金)@目黒区、3日(日)@港区 | トップページ | 「NPO」から「国家公務員」への転職〜2 ヶ月経過 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐津市での講演が、佐賀新聞で取り上げられました!:

« 今週の講演・ワークショップは1日(金)@目黒区、3日(日)@港区 | トップページ | 「NPO」から「国家公務員」への転職〜2 ヶ月経過 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30