フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 「常時啓発事業のあり方等研究会」の委員に就任 | トップページ | 子どもが見たアート十選(日経新聞) »

2011/02/26

日本の高校生の自己肯定感が低く、「相談できる友達」の肯定率も最低

日本、アメリカ、中国、韓国の高校生それぞれ1000人を対象にした、日本青少年研究所が先日公表した調査結果。

日本の高校生は、自己評価が4カ国の中で最低で、「相談できる友達」「信頼できる他人や、助けてくれる団体や組織」の肯定率も最低。

日本の子どもの自己肯定感の低下は、ここ数年、いろいろなところで指摘されています。
そもそも、おとな自身の自己肯定感が低いと思いますし、おとなの背中を見て育っている子どもは、おとなの影響を受けているのではないかと感じています。

子どもが悪い、子どもが弱い、のではなく、社会的な課題が存在しているのであり、そこに目を向けて対応しなければ、何も改善しないと思います。

***
≪高校生の心と体の健康に関する調査-日本・アメリカ・中国・韓国の比較ー≫
  内容:運動、体型とダイエット、食事と睡眠、喫煙と飲酒の経験、健康に対する態度、情緒とストレス、自己評価、親や教師・友人との関係など

*日本青少年研究所
 http://www1.odn.ne.jp/youth-study/
*調査概要(PDF)
 http://www1.odn.ne.jp/youth-study/reserch/2011/gaiyou.pdf

⑧ 自己評価
米国と中国の高校生は自己肯定感(自尊感情)が強く、日本高校生の自己評価が最も低い(以下の数値は「全くそうだ」の比率)。
「私は価値のある人間だと思う」:日本7.5%、米国57.2%、中国42.2%、韓国20.2%。
「自分を肯定的に評価するほう」:日本6.2%、米国41.2%、中国38.0%、韓国18.9%。
「私は自分に満足している」:日本3.9%、米国41.6%、中国21.9%、韓国14.9%。
「自分が優秀だと思う」:日本4.3%、米国58.3%、中国25.7%、韓国10.3%。

⑨ 他者との関わり
友人と一緒だと気が楽で楽しいと高く評価しているが、「相談できる友達がいる」の肯定率が4カ国で最も低い。日本の高校生には気楽な交友関係はあっても、何でも相談できるような友達が少ないようである。
家族や教師、友人以外の人や組織との関係について見ると、日本の高校生は、信頼できる他人や、助けてくれる団体や組織のどちらも肯定率が4カ国中で最低であった。

« 「常時啓発事業のあり方等研究会」の委員に就任 | トップページ | 子どもが見たアート十選(日経新聞) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「常時啓発事業のあり方等研究会」の委員に就任 | トップページ | 子どもが見たアート十選(日経新聞) »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30