フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« やっと一週間 | トップページ | モスクワ経由でスペインへ »

2010/10/21

COP10:参加のシドニー市議、町田の里山視察 取り組み参考に /東京

毎日新聞(yahoo!news)より。

小野路の町田の里山は、確かに、見ているとホッとします。
”引退”した後ならば、こうした地域での生活もいいなぁ、と思います。
(最寄り駅からバスで30分!!)


***
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101021-00000006-mailo-l13

名古屋市で開かれている「国連生物多様性条約第10回締約国会議」(COP10=名古屋会議)に参加しているオーストラリアのシドニー市議2人が20日、町田市の里山を視察した。
 視察に訪れたのは、シャイン・マラード議員とアイリーン・ドートニー議員。
 2人は視察に先立ち、石阪丈一市長を表敬訪問。石阪市長が「里山はきれいなところなので楽しんできてください」と述べると、マラード議員は「取り組んでいることを持ち帰って参考にしたい」、ドートニー議員は「非常に楽しみにしています」と話した。
 その後、5年前から市が市民らの手を借りて整備している同市小野路町の里山「奈良ばい谷戸」を訪れた。2人は市の担当者に「水はどこから来るのか」「山火事はないのか」などと質問していた。マラード議員は「自然の維持の仕方や農法など、非常に興味深かった」、ドートニー議員は「自然環境を保っていることは素晴らしいことだと思う」と話していた。【松本惇】
〔多摩版〕

« やっと一週間 | トップページ | モスクワ経由でスペインへ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« やっと一週間 | トップページ | モスクワ経由でスペインへ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30