フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 速報・新しい公共をつくる市民キャビネット全体会議 | トップページ | ”はとこ”との涙の別れ »

2010/05/01

<ニュース配信>子供の電話相談、着信24万件 親の失業など不況反映

職場の取り組みが、紹介されました。

なお、記者会見時の配布資料は、
下記からダウンロードできます。
  http://www.childline.or.jp/supporter/news.html#000662

***
http://www.47news.jp/CN/201004/CN2010042801000612.html

子供の電話相談、着信24万件 親の失業など不況反映
 電話で子どもの悩みを聞くNPO法人「チャイルドライン支援センター」(東京)は28日、相談を受けるフリーダイヤルの着信が、すぐ切れて会話ができなかったものも含め昨年5月5日の本格運用開始から1年間で24万件に達する見込みと発表した。親の失業など不況を反映した相談が増えているという。

 センターによると「親が失業し高校をやめざるを得ない」という声のほか、「携帯をいじったら、お金の請求が来た」などネット上のトラブルの相談も増えた。

 試行期間を含む昨年1年間の着信は約24万3千件。すぐ切れたり無言だったりしたケースが多いが、会話が成立した7万9千件中、56%が男子からで、性についての内容が最多。女子からは40%で、人間関係にかかわる内容が最も多かった。

 携帯電話やPHSも含め、全国から無料でつながるフリーダイヤルは(0120)997777で、受付時間は午後4~9時。5月5~17日は「こどもの日キャンペーン」として、普段は相談に応じていない日曜日も含め、毎日実施する。

2010/04/28 16:56 【共同通信】

« 速報・新しい公共をつくる市民キャビネット全体会議 | トップページ | ”はとこ”との涙の別れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 速報・新しい公共をつくる市民キャビネット全体会議 | トップページ | ”はとこ”との涙の別れ »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30