フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 連休の谷間 | トップページ | 大混雑のゴールデンウイークを満喫(笑) »

2010/05/04

新しい公共を考える〜新しい公共はNPOのみの独占物ではない。だからこそ、NPOはもっと強くならなければならない。

昨日は、朝から夜まで、「新しい公共」を考え、話し続けた日でした。

官主導の「旧い公共」から、民主導の「新しい公共」、ととらえていますが、だからといって、民=NPOだけではないですよね。

NPO以外にも、社会福祉法人、学校法人、財団法人、社団法人などなどの、いわゆる「第三セクター」はありますし、民間企業も”民”です。
※独立行政法人は、ある意味、”官”ではありますし、いわゆる”官お抱え”の公益法人も、事業仕分けで遡上にのぼっているように、色々と問題がありますね。

「新しい公共」の担い手は、なんでもかんでもNPO、という論調は、なんか、嫌なところではあります。思い上がっているというか・・・。

※ちなみに、先週末に内閣府で行われた「新しい公共」オープンフォーラムにおいて、鳩山首相は、「『新しい公共』というのは、決してNPOのみの独占物ではない」発言しています。
http://www.kantei.go.jp/jp/hatoyama/actions/201004/25forum.html

もちろん、NPOが担うべきところ、NPOだからできるところ、はたくさんあり、この機会にNPOが発展していくことは非常に大事なことだと思っていますし、そのために、昨日も、議論をしているわけです。

ただ、昨日の議論でも話題になりましたが、NPOの基盤は非常に弱く、もろい。そもそも、「年収200万円台・ワーキングプア」状態のところがたくさんあるわけです。私もそうした立場にいます。

だからこそ、NPOの足腰を強くしなければいけないのですが・・・。

とはいえ、昨日は、非常に有意義な時間でした。
しかし、参院選まで2ヶ月足らず。
政策提言をまとめ、政権にアプローチし、各政党にも働きかけるには、スケジュールが厳しいですね・・・。

« 連休の谷間 | トップページ | 大混雑のゴールデンウイークを満喫(笑) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30