フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 神奈川県・慶応大学共同で模擬選挙が取り上げられます! | トップページ | 議論白熱 »

2010/03/09

NPOにおける若者の調査研究

一昨年から調査を続けていました、『NPOにおける若者の就労支援に関する調査研究「生きる価値の再構築」〜NPOで働く若者からはじまる市民社会の創造〜』(発行:財団法人全国勤労者福祉・共済振興協会/2010年2月/全労済協会2007年度公募委託調査研究/調査者 加藤志保・林大介)が、このたび、完成いたしました。

本調査は、1970年代生まれを中心とした20代後半から40代前半の年齢(就職氷河期を過ごし、フリーター・ニート、ロスジェネ世代)で、NPOで働くことを生業とし生計を立てている者、本気で市民社会を作りたいと願い、新たな活躍の場としてNPOに人生を投じ、NPOを働く場として選んだ若者、かつ、日本社会の転換に大きく力を担う年齢を迎えんとする若者たちが、何を考えどのような実態であるかを世に伝えることを目的とした調査である。ヒアリングを中心に行い(NPOの活動に従事し生計を立てている29名それぞれに2時間近いヒアリングを実施)、2度にわたる座談会、および寄稿とを求め、実態をあぶり出したものです。

また、2010年3月に京都で開催されます「日本NPO学会第12回年次大会」において、報告を致します。

調査報告全文をダウンロードされる方は、<こちら>をクリックしてください。

« 神奈川県・慶応大学共同で模擬選挙が取り上げられます! | トップページ | 議論白熱 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30