フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 講師・ファシリテーター(2009年10月予定) | トップページ | NPOの成長 »

2009/10/08

NPOマーケティング

昨日は、日本におけるRoom to Readを牽引されている竹井さんの学習会に参加しました。
 「今さら聞けないマーケティングの基本&マーケティングをNPO運営に活かすコツ」
  ~Room to Readのパーティーで一晩で6500万円もの寄付金があつまった理由~


「Room to Read」は、コトバの通り、「読書室」、つまり、発展途上国に図書館を作る取り組みで、その中心にいるのが、マイクロソフトを退職されたジョン・ウッドさん。
ジョン・ウッドさんの著書『マイクロソフトでは出会えなかった天職 僕はこうして社会起業家になった 』を読まれた方も多いのではないでしょうか。
 Room to Read  http://www.roomtoread.jp/

竹井さんは、ソーシャル・ビジネス・プランナーとして活躍されている方。
『週刊ダイヤモンド・オンライン』で、「社会貢献を買う人」を連載中 http://diamond.jp/series/social_consumer/10001/

詳細は後日記しますが、
 ・プログラムは「商品」、寄附は「消費行動」
 ・寄附はエンターテイメント。寄附をして満足できるか。
 ・分かっている会社は、「社会貢献しないと社会は成り立たない」と感じている
 ・自分探し→自分なんてみつからない→人とのコミュニケーション→社会貢献
などなど、うまずくことばかりでした。

« 講師・ファシリテーター(2009年10月予定) | トップページ | NPOの成長 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NPOマーケティング:

« 講師・ファシリテーター(2009年10月予定) | トップページ | NPOの成長 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30