フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« NPOの成長 | トップページ | 現場を知ること触れること »

2009/10/13

生物多様性

「環境」問題には取り組んでいませんが、たくさんいるNPOの仲間からは、そうした情報も入ってきます。

来年という、(会議そのものは)1年も先のことではあるけれども、こうした取り組みが1年前から注目されることは大切なことだと思います。

地球で生きている一人として、また、家族のいる一人として、できるところから、と思います。
まずは、一人でも多くの人に、この条約の存在を、会議の存在を気に留めてもらえれば。


***
■折り紙で表現、生物多様性会議のロゴ発表
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20091013-OYT1T00782.htm?from=main5

 環境省は13日、来年10月に名古屋市で開かれる「生物多様性条約第10回締約国会議」のシンボルとなるロゴマークと、スローガンを発表した。

 ロゴマークは、中心に人間の親子を置き、ゾウやイルカ、チョウなど15種類の動植物が円形に囲んだデザイン。動植物は色鮮やかな折り紙で表現した。スローガンは「いのちの共生を、未来へ(Life in harmony,into the future)」に決まった。

 ロゴマークとスローガンには、人類と多様な生き物が共生し、未来に末永く継続させていく決意が込められている。折り紙による表現は、「日本の知恵と文化を象徴した」(同省)という。
(2009年10月13日21時16分 読売新聞)

***
「生物多様性条約」 http://plus.yomiuri.co.jp/article/words/%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%A4%9A%E6%A7%98%E6%80%A7%E6%9D%A1%E7%B4%84
1980年代、アマゾンなど熱帯雨林伐採が世界的に問題になり、森林破壊による種の絶滅への危機感などから、地球上の生物種を保存するための国際的な対策が求められた。92年にブラジル・リオデジャネイロで開催された地球サミットで同条約が採択された。日本は93年に加盟。条約の規定にも基づいて今年3月、「新・生物多様性国家戦略」を策定した。 

« NPOの成長 | トップページ | 現場を知ること触れること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生物多様性:

« NPOの成長 | トップページ | 現場を知ること触れること »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30