フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 子どものことは子どもに聴く | トップページ | 虹 »

2009/07/17

社会への不満は「選挙で考慮する」人が55%

若年層のいらいら、過去最高=不満「選挙で考慮」-日本人の国民性調査・統計数理研
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090716-00000126-jij-pol

※ニュースの書き出しは下記へ

****
社会の状況を表していると思います。

調査は1953年から5年ごとに実施されていて、今回は昨年10~11月に国内に住む20~79歳の男女6400人を抽出し行割れたそうです(回答率は52%)。

千葉市長選挙、静岡知事選挙、奈良市長選挙、東京都議会議員選挙といった、ここ数ヶ月の選挙結果に引きずられたわけでもなく、昨年の、麻生総理への期待が高まっていた時期の調査。

社会への不満は「選挙で考慮する」人が55%ということ。

さて、総選挙はどうなるのでしょうか。


以下、ニュースの書き出し
****
若年層のいらいら、過去最高=不満「選挙で考慮」-日本人の国民性調査・統計数理研
7月16日17時43分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090716-00000126-jij-pol

 経済や社会に閉塞感が漂い、若年層を中心にいらいらが募る-。こんな日本人の現状の一端が16日、情報・システム研究機構「統計数理研究所」がまとめた「日本人の国民性調査」で明らかになった。社会への不満は「選挙で考慮する」とした人の割合は過去最高となった。
 調査は1953年から5年ごとに実施。今回は昨年10~11月、国内に住む20~79歳の男女6400人を抽出し行った。回答率は52%。
 調査によると、日本の経済力を「非常に良い」「やや良い」と肯定的にとらえる人は93年の79%から37%と激減。日本人の生活水準も、二つの回答を合わせ74%から49%に減った。一方、将来への悲観的な見方は増加。「生活が今後豊かになる」とみる人は前回調査の14%からさらに減って過去最低の11%に、逆に「貧しくなる」と答えた人は過去最高の57%へと増えた。「この1カ月間にいらいらしたことがある」人の割合は、過去15年で最高の48%に。若年層ほど割合は高く、20代では63%、30代では62%に達し、初めて6割を超えた。
 政治に対する意識では、社会への不満がある時に「選挙で投票する時に考慮する」と答えた人が55%を記録。「何もしない」は28%と過去最低だった。衆院選で「何をおいても投票する」とした人は40%と、過去2回の低下傾向から持ち直した。 

« 子どものことは子どもに聴く | トップページ | 虹 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会への不満は「選挙で考慮する」人が55%:

« 子どものことは子どもに聴く | トップページ | 虹 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30