フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 子どもの声を政策に | トップページ | 社会への不満は「選挙で考慮する」人が55% »

2009/07/15

子どものことは子どもに聴く

子どものことは子どもに聴く
昨日は、NPOと政党の意見交換の第一弾として、民主党との意見交換でした。

岡田幹事長、直嶋政調会長など、10数名の国会議員が参加され、NPO側は330名以上の参加でした。


おとなだけ、有権者だけの意見交換にしたくなく、模擬選挙推進ネットワークを通じて10代に参加を呼びかけたところ、中学3年生の女の子が参加してくれました。

昨日のあの会場では最年少のはず。

時間がない中での質疑応答で率先して挙手をし、発言したのが、件名にある「子どものことは子どもに聞かないと分からない。10代の声を聴いてほしい。」


子どものことを大人は思ってアレコレ“提言”しますが、当の本人達はどう考えているのか、確認することが大事なこと。

たとえ自分たちにとって不利なことであっても、きちんと向き合えば理解できます。

何より、子ども期から、大人と子どもが対等な人間として向き合うことが、成長には不可欠です。

それを実証したのが昨日。

テレビで見ている議員が、彼女の問題提起にきちんと向き合ってくれたことで、少なくとも、議員に対する印象も変わったと思います。


子どもが希望を持てる社会にしなくては、と、改めて感じた時間でした。

« 子どもの声を政策に | トップページ | 社会への不満は「選挙で考慮する」人が55% »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どものことは子どもに聴く:

« 子どもの声を政策に | トップページ | 社会への不満は「選挙で考慮する」人が55% »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30