フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 保育参“加” | トップページ | ヒアリング、会計基準 »

2009/06/03

アドビ、シマンテック、マイクロソフトによる、NPOへのソフト無償提供

TechSoupが日本進出、MS、アドビ、シマンテック製品をNPO法人に無償提供
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090603/331260/

MS、アドビなどが民間非営利組織にソフト寄贈 - TechSoup Japanプログラム
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/03/053/index.html

日本NPOセンター、全国のNPOにソフトを無償提供する「TechSoup Japan」
マイクロソフト、アドビ、シマンテックが協力
http://enterprise.watch.impress.co.jp/docs/news/20090603_212325.html


本日、「TechSoup Japan」のスタートアップイベントが行われました。
私は、「ITを活用しているNPO」なる立場で、15分弱、プレゼンをさせていただきました。

上記の記事内にもありますように、財政規模の小さいNPOにとって、PCソフトの代金というものは、非常に支出しずらい費目だったりします。
最初に購入したPCの付属ソフトだけで事務を行っている団体も多いと思います。
たとえば、最近でこそ、パワーポイントを使う人も増えてきましたが、そもそもワードとエクセルくらいしかインストールしていないPCが多い中で、プレゼン用にパワポを作ろうとするにも、PC内に入っていない、ということもあったりします。

そしてまた、アップデートしないで、古いまま使っていて互換性を失ったり、ということもよくあります(XPとvistaとでは、そのままではワードが使えない、ということもありますね)。

必要だけど、ソフトに使うお金は無い。
(もちろん、他の支出費目と必要性を検討すべきなのですが、なぜか”贅沢”と思われてしまうんですよね・・・。)

そうした中、このような取り組みは非常にありがたいことです。
当然、無制限に、というわけにはいきませんが、NPO側の信用度を高めるために、日本NPOセンターの「NPOのヒロバ」に登録してある団体が対象で、なおかつ登録団体は、各自登録情報を更新していく必要がある、というような条件にしても、NPO側の意識を高めていくことにもつながり・・・。

無償提供する団体数には制限がないようですので、ぜひとも活用してもらいたいと思います(ただし、提供企業によって、提供方法に制限があるので、きちんと検討することが重要です)。

« 保育参“加” | トップページ | ヒアリング、会計基準 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 保育参“加” | トップページ | ヒアリング、会計基準 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30