フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 自分の人生より「子育て優先」母親4割に、5年で増加 | トップページ | [news]「民法の成人も18歳が適当」、法制審部会が最終報告案 »

2009/05/18

活動の原点

活動の原点
昨日は、1994年から関わっている[子どもの権利条約ネットワーク]主催のイベントに、4歳の娘とともに参加。

権利条約ネットワークでは10年近く、こどもの日に“子ども参加”によるイベントを行ってきていて、昨日はその同窓会のような感じ。

当時、中学生・高校生だった子が社会人になっていて、私は子連れ。懐かしさと、歳月の早さを感じました。

今年は、権利条約が国連で採択されて20年目にあたります。
そして日本は、15年前に批准しました(批准したのは細川政権、つまり、自民党政権ではありません)。


“権利”というコトバは堅く、敬遠されがちですが、子どもであっても一人の人間であり、権利が尊重されるのが当たり前。

ましてや、人間形成において、一人の人間としての尊重が子ども時代から積み重ねられていくことが不可欠です。

おとなになってからではなく、子ども時代から権利保障されるからこそ、民主主義は根付き、育つのです。

そんな“当たり前”のことが当たり前の社会になるようにしたい。

権利条約に出会い、活動を始めた16年前を、深く感じた時間でした。

« 自分の人生より「子育て優先」母親4割に、5年で増加 | トップページ | [news]「民法の成人も18歳が適当」、法制審部会が最終報告案 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 活動の原点:

« 自分の人生より「子育て優先」母親4割に、5年で増加 | トップページ | [news]「民法の成人も18歳が適当」、法制審部会が最終報告案 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30