フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 跳びはねる | トップページ | [内閣府]ユース特命報告員募集 »

2009/05/05

「子どもの数」28年連続減、過去最少の1714万人

人口に占める子ども(15歳未満)の数が過去最小の13.4%で、かつ、人口3000万人以上の国の中でもダントツの最小割合とのこと。

まさに、シルバー世代の台頭がすすんでいます。

シルバー世代の「セカンド・ライフ」が注目されていますし、長生きも大切なことではありますが、今を生き、次代を生きていく子ども・若者世代が、子ども時代から社会に参加していかなければ、自分たちの世代の声が社会に反映されにくくなります。シルバー世代が子ども・若者世代を代弁するのではなく、子ども・若者世代こそが、社会に参加できる社会へ。

***
「子どもの数」28年連続減、過去最少の1714万人
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090504-00000555-yom-soci

5月5日3時7分配信 読売新聞

 「こどもの日」にあわせて総務省が発表した推計人口(4月1日現在)によると、日本の子どもの数(15歳未満人口)は前年比11万人減の1714万人で、比較可能な1950年以降の最少記録を更新した。

 子どもの減少は28年連続。総人口(1億2760万人)に占める子どもの割合も13・4%と過去最低で、35年連続で低下した。

 子どもの数を性別で見ると、男子が878万人、女子が835万人。年齢階層別では、中学生(12~14歳)360万人、小学生(6~11歳)702万人、3~5歳が323万人、0~2歳は328万人。出生数が若干増えているため、0~2歳の方が3~5歳を5万人上回った。都道府県別(2008年10月1日現在)の子どもの割合は、最高が沖縄県の17・9%で、次いで滋賀県の15・1%。最も低いのは秋田県の11・5%。前年より割合が増えたのは0・1ポイント増の11・8%となった東京都だけだった。

 子ども以外の年齢層が総人口に占める割合は65歳以上が22・5%で、15~64歳は64・1%だった。

 一方、国連人口統計年鑑(06年版)で人口3000万人以上(推計時点が00年以降)の国と比較すると、総人口に占める子どもの割合はドイツ13・9%、フランス18・3%、中国19・0%、米国20・2%、インド35・3%などで、日本が最も低かった

« 跳びはねる | トップページ | [内閣府]ユース特命報告員募集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「子どもの数」28年連続減、過去最少の1714万人:

« 跳びはねる | トップページ | [内閣府]ユース特命報告員募集 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30