フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 何とか回復 | トップページ | 模擬選挙でもオバマ氏圧勝 »

2008/11/05

子どもも注目!~アメリカ大統領選挙・模擬選挙視察報告:インターネット新聞JanJan 2008年11月4日

子どもも注目!~アメリカ大統領選挙・模擬選挙視察報告

http://www.news.janjan.jp/world/0811/0811040794/1.php

林大介2008/11/04

今日(11月4日)が投票日のアメリカ大統領選挙。この大統領選挙では、子どもも投票する模擬選挙=Mock Electionが、全米規模で行われています。その模様を現地で見学しました。

 今日(11月4日)が投票日のアメリカ大統領選挙。CNNやワシントンポストなど、各メディアが連日報道しており、日本でも注目されています。この大統領選挙では、子どもも投票する模擬選挙=Mock Electionが、全米規模で行われています。

 2004年の大統領選挙では、実に600万人以上の子どもが投票しました(ちなみに日本では、2007年参院選で8000人が投票したのが最大)。

 今回、アメリカでの模擬選挙がどのように行われているのか、日本国内の学校の先生2人とともに、10月26日から11月1日にかけて、ニューヨークとワシントンD.C.の学校(幼稚園、小学校、中学校、高校)を8箇所、見学しました。

 訪問したある小学校では、30日の“Mock Election Day”に向けての4年生と6年生の授業を見学。4年生は、先生作成の政策比較表をもとにして、先生から説明の後に数人でディスカッション。その後に各自、マケインとオバマについての違いをまとめていました。6年生は、4つのグループ(マケイン/ペイリン、オバマ/バイデン、大統領の仕事、関心のあること)に分かれて、紙にまとめるグループワーク。

 学年に応じた授業ではありますが、みな、熱心に自分の意見を言いあっていて、日本との違いに驚きました。

 教室も案内してもらいましたが、ごく自然に「Citizenship」の説明が掲示されており、どの学校においても民主主義やシティズンシップなどが、小学生の段階からしっかりと学べる環境にあり、政治が身近なんだということを感じました。

 その延長線上での模擬選挙は、まさに当たり前のことで、どの子も自分で考え、投票していました。

今回の訪米視察の模様は、私のブログにアップしていますのでぜひともご覧下さい!
http://www.hayadai.net/

また、大統領選挙の模擬選挙の結果などは、こちらのサイトをご覧下さい。
→ http://www.nationalmockelection.org/viewresults.html

 11月3日午後3時現在(アメリカ時間)、オバマ支持が64.24%、マケイン支持が32.16%。前回の大統領選挙では、模擬選挙の結果と実際の選挙結果がほぼ同じでした。今回はどうなるのでしょうか。


« 何とか回復 | トップページ | 模擬選挙でもオバマ氏圧勝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 何とか回復 | トップページ | 模擬選挙でもオバマ氏圧勝 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30