フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« コーヒーで投票!~アメリカ視察1日目 | トップページ | 小学生も考える〜アメリカ視察3 日目 »

2008/10/28

人種のるつぼ~アメリカ視察2日目

Pict0247_2


Pict0251_2

今日(NYの27日)は、生徒数5000人のハイスクールと、エレメンタリースクールを訪問。
ハイスクールの担当者と連絡がうまくいっていなかったためか、先方は30日に訪問すると思っていたみたいでしたが、快く対応してくれました(30日は、模擬選挙の一斉投票日)。
新聞教育(いわゆるNIE)からスタートしたとのこと。ウェブを通じた投票システムの説明が興味深かったです。

エレメンタリースクールでは、私たちのために、模擬選挙を担当する6〜8年生の10名が集まってくれていました。
どの子も、イジメについて、高速道路の無料化について、環境問題についてなど様々なことに関心があり、驚きました。

いずれの学校も、模擬選挙そのものを特別扱いしてなく、当たり前のように説明してくれました。
ハイスクールでの『政治的な内容は模擬選挙以上にたくさんある』、エレメンタリースクールでの『情報入手流されることの多い今、“選択”する経験は重要』とのコトバは重たいです。


ちなみに、ホテルはハーレムよりも北にあります。夜は一人で歩くのが怖い。訪問した学校もそんな地域にあります。
その一方、学校訪問後にタイムズスクエアに行くと、白人だらけ。
人も、建物も、雰囲気も、同じニューヨークでもまったく異なります。
これがアメリカなんだ、日本人はどこに位置づけられるのだろうかと、考えさせられます。

« コーヒーで投票!~アメリカ視察1日目 | トップページ | 小学生も考える〜アメリカ視察3 日目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人種のるつぼ~アメリカ視察2日目:

« コーヒーで投票!~アメリカ視察1日目 | トップページ | 小学生も考える〜アメリカ視察3 日目 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30