フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« コトバ | トップページ | 子どもを観る目 »

2008/10/21

「子ども投票」オバマ氏圧勝:朝日新聞2008年10月21日朝刊

「子ども投票」オバマ氏圧勝

http://www.asahi.com/international/president/kansenki/TKY200810200411.html

 米民主党の大統領候補オバマ上院議員は、陣営のスタッフを怒ることがほとんどない、といわれる。オバマ氏をよく知る人によると、シカゴの貧民街で地域活動をしていた時に、いくら怒っても他人の心は動かないことを学んだらしい。

 その話を10歳の次男にしたところ、それ以来、私が怒り出しそうになると「お父さん、オバマ、オバマ」となだめるように……。それでも怒ると「お父さんはオバマになれないな」と逆襲することを覚えた。

 米大統領選はここに来て、オバマ氏の調子があがっている。米出版社のスコラスティック社が、本番より一足はやく小・中・高校生ら約25万人を対象に実施した模擬投票でも、オバマ氏が57%を獲得。39%だった共和党のライバル、マケイン上院議員に圧勝したという。


 「子ども投票」とはいえ、1964年以降、大統領選の勝者を当て続けてきた、と聞けば、鼻で笑って無視するわけにもいかない。

 なぜ勝者が一致するのか。同社はその一因を「子どもは親の話に耳を傾けているから」(編集者)と分析する。家庭で親の話を聞き、影響を受けるために「子ども投票」と「おとな投票」の結果が同じになる、ということらしい。

 そういえば、次男の通う地元の小学校でも、クラス全員がオバマ氏支持だとか。次男にマケイン氏の印象を聞くと「短気なんでしょ」と、にべもない。「何で知ってるの」と問い返すと、「お父さんから聞いたんだよ」と答えた。(小村田義之)

« コトバ | トップページ | 子どもを観る目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「子ども投票」オバマ氏圧勝:朝日新聞2008年10月21日朝刊:

« コトバ | トップページ | 子どもを観る目 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30