フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 夏祭り | トップページ | 大好物 »

2008/07/28

働く意味、活動する意味

「NPOで働く若者の就労意識調査」なるものに、
職場の事務局長が取り組んでいる関係で、
私がこれまで出会ってきたり、つながってきたりしているNPO関係者をつなげ、
ヒアリングインタビューをしています。

今日は、「市民社会パートナーズ(CS Partners)」代表の庄嶋さんを訪問。 
http://blog.canpan.info/cs-partners/

庄嶋さんとは、先日の「NPO塾」で初めてお会いしたのですが、
1974年生まれの33歳と同世代。

一般企業、NPO職員、そして独立と、
多様な経歴を重ねており、私も共感する部分がありました。
(私の場合は、非常勤公務員から子ども系NPOで転職を2回して、
今が4ヵ所目の職場)

また、先日のNPO塾では、
 (1)自分がやりたいこととNPOの既成方針とのギャップ
  →やりたいことがやれなくなることのジレンマ
 (2)子育てが本格化する年齢で、NPOは安心できる職業か
  →食べていくためには・・・NPOでは男性が”寿退職”
 (3)NPOリーダーの育成の課題
  →草創期の理事の発言力が強い中での既成のNPOを継承する大変さ
といった点を話されていて、ここもまた、私の課題でもあるところ。

庄嶋さんは、企業から転職してNPOで働く時は、
「夫婦でなんとかなれば」という選択があったようです。
確かに、そうですね。

私自身も、共働きだからNPOで何とかやっていける、というところはあります。

ただ、庄嶋さんも言われていましたが、
NPOの事務局スタッフには、「専業主婦型」、
つまり、男性は企業で働ききちんと収入があるので、
女性が社会活動に取り組む、という場合も、案外多いもの。
子育てしながらNPOで働く、という男性の意識についても考えさせられました。

そうした中、庄嶋さんは、(1)の限界を感じ、
また、(昇給が期待できないNPOの現場にいるよりかは)
独立しても食べていけるとの積み重ねができたので、
独立した、とのことでした。

今後についても、現状のままでいるのではなく、
次のステップを想定していたりと、
生きている方向性は似ているなぁ、と思いました。

また、同席されていた「おおた市民活動推進機構 
http://peoplesact.org/default.aspx」の中野さんが
「NPOはミッション重視だけど、一つのことをなしうるためには総合力が必要」
「ミッション系の人と、事務系の人を結びつける」と言われたことにも同感。

「想い」は大切だけど、そこだけにとらわれてはいけない。
もっともっと先を見て取り組むことが、
運営側には求められている、ということを再認識しました。


・・・しかし、NPOの世代交代は大事だなぁ、とつくづく思います。
もちろん、既成NPOの枠にとらわれずに、
自分で団体を立ち上げる、というのもアリですが、
せっかくの取り組みを継承しないのはそれこそもったいない。

ただ、団体を立ち上げた方の想い、
というものを継承するのは難しく・・・それが私の今の課題でもあります。

« 夏祭り | トップページ | 大好物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働く意味、活動する意味:

« 夏祭り | トップページ | 大好物 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30