フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 屋根よーり たーかーい♪ | トップページ | <将来の夢>男子は「野球選手」女子は「食べ物屋さん」 »

2007/05/04

<子供人口>26年連続減少 総人口比でも世界最低水準に

<子供人口>26年連続減少 総人口比でも世界最低水準に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000044-mai-soci


「こどもの日」に合わせ、総務省は4日、4月1日現在の子供(15歳未満)の推計人口を発表した。過去最低だった昨年より14万人少ない1738万人で、26年連続の減少となった。総人口に占める子供の割合も昨年より0.1ポイント低い13.6%で、33年連続で低下。子供の割合は米国(20.5%)、中国(19.8%)、イタリアとドイツ(ともに14.1%)などを下回り、世界最低水準となっている。

 男女別では、男子が891万人(昨年898万人)、女子は847万人(同854万人)。3歳ごとの年齢層別(1万人未満を四捨五入)では、▽14~12歳362万人▽11~9歳、8~6歳がともに356万人▽5~3歳340万人▽2~0歳323万人。年齢層の低下とともに減少する傾向を示した。

 都道府県別に子供の割合(昨年10月1日現在)をみると、最も高いのは沖縄県の18.4%。次いで滋賀県15.3%、佐賀県14.9%の順。最も低いのは東京都の11.6%だった。昨年より0.1ポイント増の東京都と京都府、横ばいの神奈川、愛知県、大阪府を除いた42道県は昨年を下回った。地方での少子化進行が目立ち、青森県、長崎県は昨年に比べ0.4ポイント減と下げ幅が最も大きかった。【川上克己】

最終更新:5月4日20時1分


***

我が娘と息子は「2~0歳323万人」に含まれます。
う~ん、この1年は出産数が増えているとの報道もありましたが、
やはり、全体平均からするとまだまだ子どもは少ない模様。

« 屋根よーり たーかーい♪ | トップページ | <将来の夢>男子は「野球選手」女子は「食べ物屋さん」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <子供人口>26年連続減少 総人口比でも世界最低水準に:

« 屋根よーり たーかーい♪ | トップページ | <将来の夢>男子は「野球選手」女子は「食べ物屋さん」 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30