フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 熱海旅行 | トップページ | 「ハクション大魔王」 »

2006/08/08

出版『教育特区ハンドブック』

Bhundbook
[写真:教育特区ハンドブック]

この3年ほど、職場で取り組んできた「教育特区」に関する書籍を、このたび出版しました。

題して「教育特区ハンドブック~この"まち"だからできた教育改革」。

教育特区というのは、
小泉内閣が取り組んでいる「構造改革特別区域」という制度を
教育分野で活用すること。

これまでは「学校教育基本法」やら「学習指導要領」やらで、
一律に定められていた教育制度・内容を、
自治体からの申請に基づいて、
「特別」に、その「区域」だけ緩和する、というもの。

例えば、
 ・学校の授業(数学、理科、社会など)をすべて外国語で行う
 ・少人数クラスを設置する
 ・不登校児童生徒向けに特別カリキュラムを組む
 ・株式会社やNPO法人が学校を運営する
といったことがあげられます。

この「教育特区ハンドブック」では、
これら、各地での取り組みの具体例や、
教育特区制度の解説、申請までの流れなどを
丁寧にまとめています。

『教育をよくしたい』『学校を創りたい』などと
考えている方にはお薦めです!!

« 熱海旅行 | トップページ | 「ハクション大魔王」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出版『教育特区ハンドブック』:

« 熱海旅行 | トップページ | 「ハクション大魔王」 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30