フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 日本海に沈む夕陽を見ながら温泉 | トップページ | 自己主張、シンドラーエレベーター »

2006/06/09

6/25 子ども参加ファシリテーター入門ワークショップ

私が事務局長を務めている
子どもの権利条約ネットワーク(NCRC)で
このたび、
 ・子どもの参加ファシリテーター入門ワークショップ(6/25)
 ・子どもの権利条約基礎講座(7/8、14、18)
のセミナーを実施します。(各セミナーの詳細は後述)


1994年に日本は子どもの権利条約を批准・発効しましたが、
その後、子どもを取り巻く環境はどのように変わったのでしょうか?

最近は「子ども参加」というコトバが聞かれるようになりましたが、
「子どもとおとなのコミュニケーション」に対する模索が続けられ、
皆さん、腐心されているようです。

そしてまた、「子どもの権利条約」というコトバは知っていても、
その理念や内容については、まだまだ理解されていない部分があります。

今回のセミナーにおいては、
これらのことについて考え、深めていきます。

特に、子ども参加ファシリテーター入門ワークショップにおいては、
私がセミナーのファシリテーターを務めます。

この機会に、ぜひともご参加ください。
お申込、お待ちしています。

※以下、各セミナー詳細
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1:子どもの参加ファシリテーター入門ワークショップ
  ~子どもの活動の支援者の技術・役割・姿勢を考える~
 
★子ども参加をすすめたいのでどのようなアプローチがあるのか
 知りたい
★子ども向けのアイスブレークを学びたい
★子ども参加をすすめるためのファシリテーターのあり方・役割を
 深めたい

形はさまざまでも子どもたちと向き合い、共に歩んでいる方々が大勢いらっしゃいます。また、少子化がクローズアップされる中、「次世代育成」が求められ、「市民参画社会」を築くためには、次代を担う子ども世代とともに社会参画していくことが必要となります。

このセミナーでは、「子どもの参加」を支援・促進していくファシリテーター(支援者)のあり方について、ワークショップ(参加型学習)を通じて丁寧に深めていきます。

日々現場で感じていること、悩んでいること、そして子どもとの関わり方について互いに高めあいませんか? 皆さんの参加をお待ちしています!

≪内 容≫
・子どもをその気にさせるアイスブレーク
・子ども参加の必要性と課題
・子ども参加を促進するためのファシリテーターの役割、あり方
・参加者同士による「子ども参加の成功・失敗事例」の共有
・ワークショップのプロセスを通じての意見交換
※参加者の希望や参加動機などに応じて、内容をアレンジする予定です

≪対 象≫
・特に、10代の子どもを対象とした活動をしている人
・すでに何らかの形で子どもと関わっている人
・フリースクール、子育てサークル、スクールカウンセラー、青少年団
 体、児童館、子どもNPOといった、子どもと向き合って活動している方
・「子どもの参加」に関心のある方

≪ファシリテーター≫
林 大介:子どもの権利条約ネットワーク事務局長/NPO法人Rights常務理事他「次の時代を担う子ども・若者世代が社会参画できる場の創出」のために、地域、自治体、学校などにおいて、講座の企画やコーディネート、ワークショップのファシリテートなどに取り組む一児の父親・30歳。

▽▲ 概要 ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲
[日  時] 6月25日(日)10時~16時30分(受付9時45分~)
[会  場] 早稲田大学文学部
       ※詳細の場所(教室番号など)は、参加申込された
        方にお知らせします 
       地下鉄:東西線早稲田駅下車2番出口、徒歩5分
       JR・西武新宿線:山手線・西武新宿線高田馬場駅下車
        ⇒都バス「早大正門前行き」で馬場下町下車徒歩2分
[参 加 費] 一般(おとな18歳以上/資料代込):2500円
      会員おとな:2000円  学生会員:無料
       ※1団体から2名以上の参加の場合、
         1人あたり200円割引

[定  員] 25名(先着申込順/事前申込制/事前入金制)
      ※6月20日(火)午後1時までにお申込ください

[申込方法] 振込をもって申し込みとさせていただきます。
      (振込みおよび申込書を確認した後、
       詳細の会場案内などをお知らせします)
       郵便振替口座: 00180-2-750150
       振込み後、E-mail、FAXにて、①氏名 ②住所 
        ③電話番号④E-mail ⑤生年月日 ⑥所属団体名 
        ⑦参加動機、を下記申込先に6月20日(火)午後1時
        までに送付して下さい

■■ 主催・お申し込み・お問い合わせ ■■
子どもの権利条約ネットワーク(NCRC)
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-6-1
TEL・FAX 03-3724-5650(事務所開所日:火・金12:00~17:00)
E-Mail:ncrc@abeam.ocn.ne.jp URL:http://www6.ocn.ne.jp/~ncrc/
 ※留守の時は留守電・FAX・メールをご利用ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2:子どもの権利条約基礎講座

「子どもの権利条約はなぜ作られたの?」
「どんなことが書かれているの?」
「どうして子どもに権利が必要なの?」

そんな質問が毎年事務所に寄せられます。そのたびに私達は条約の内容をしっかり社会に伝えていかなければならないと決意を新たにいたします。今年はより多くの方に子どもの権利条約を知っていただくために開講の時間に工夫を凝らして企画をしました。

時間帯を変えて3回基礎講座を開きます。いずれかご都合の良い回を選んでご参加下さい。昼間の時間の取れない方、休日にしか時間の取れない方、昼間にしか時間のとれない方、皆様の参加をお待ちしています。

条約の成り立ち、意義、etc,、、、について参加者の疑問に答えながら講義をすすめて参ります。条約に興味のある方、大歓迎です。いまさら条約の基礎なんてと思っていらっしゃる方もぜひご参加下さい、きっと大きな収穫があると思います。

 講    師:荒牧重人(山梨学院大学法科大学院教授)

 日程及び会場:第一回 7月8日(土)午後2:00~4:00
            早稲田大学文学部36号館 681教室

        第二回 7月14日(金)午後2:00~4:00
            早稲田大学文学部34号館2F 第3会議室
   
        第三回 7月18日(火)午後6:30~8:30
            早稲田大学文学部39号館6F 第7会議室

 参  加  費:一般 大人1000円 18歳以下500円
        会員 大人 800円 学生・子ども無料

※お申し込みは下記あてに電話、ファックス、MAIL、郵便でお願いいたします。

■■ 主催・お申し込み・お問い合わせ ■■
子どもの権利条約ネットワーク(NCRC)
〒152-0034 東京都目黒区緑が丘2-6-1
TEL・FAX 03-3724-5650(事務所開所日:火・金12:00~17:00)
E-Mail:ncrc@abeam.ocn.ne.jp URL:http://www6.ocn.ne.jp/~ncrc/
 ※留守の時は留守電・FAX・メールをご利用ください。

--[PR]----------------------------------------------------------------
        子どもとおとなは未来を創るパートナー
【 子 ど も の 権 利 条 約 ネ ッ ト ワ ー ク 】
★メールニュース毎月発行! http://www6.ocn.ne.jp/~ncrc/index.htm ★
----------------------------------------------------------------[PR]--

« 日本海に沈む夕陽を見ながら温泉 | トップページ | 自己主張、シンドラーエレベーター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6/25 子ども参加ファシリテーター入門ワークショップ:

« 日本海に沈む夕陽を見ながら温泉 | トップページ | 自己主張、シンドラーエレベーター »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30