フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 運動会とハチ | トップページ | 女子校の体育祭 »

2006/05/23

米軍による夜間連続離着陸訓練

ここ数日、飛行機が爆音をたてて
我が家の上を通過している。

よく言われるように
「テレビの音も聞こえない」ほどのうるささで、
夏音はこわがっている。

この爆音、米軍による厚木基地での夜間連続離着陸訓練で、
町田市のウェブサイトによると
22日から25日まで続くらしい。
 http://www.city.machida.tokyo.jp/shisei/souon/news_1/index.html

飛行機の轟音は、
経験のない人にはわからないと思うが、
空気が揺れているのが分かるほど。
しかも、遠くから音が聞こえ、去っていくまでに3分以上はかかる。
そしてまた、一機だけではなく数分おきに何機もやってくる。
イライラは募るばかり。

日米安保体制とはいえ、
日本の国土の上空を我が物顔で通過する米軍。
何とかならないものか。

一市民にできることは、
せいぜい市役所などに苦情の電話をすること。

もちろん、市役所に文句を言いたいわけではなく、
文句を言いたい相手は米軍、そして、
こうした米軍の行為を許している日本政府なのだが、
苦情件数をもとに役所も動くので、その後押しとして電話がけ。


轟音下に住む人を対象にした「防音工事対象区域」が、
1月に広がって我が家もその区域に入った。
ただ、工事をうけるにも順番があり、
一昨年に新築したばかりの我が家には、
当分の間、順番がまわってこない・・・。

« 運動会とハチ | トップページ | 女子校の体育祭 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米軍による夜間連続離着陸訓練:

« 運動会とハチ | トップページ | 女子校の体育祭 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30