フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« ワークショップ「子ども参加ファシリテーター」 | トップページ | 公開討論会@町田市長選挙 »

2006/02/11

定期演奏会の練習

060211-164333

[写真:合奏風景
    指揮は長沢先生]

今日は、母校の都立高校の吹奏楽部が
4月4日に行う定期演奏会のOB演奏の練習に参加。

定期演奏会は今回で28回目で、
私が現役時代だった頃は
13回(高1)、14回(高2)、15回(高3)でしたので、
歴史というよりも、自分と現役高校生との
年齢差を感じてしまうほどです。

OB演奏というのもの、私が高2の第14回の頃から始まっていて
途中、OB演奏がない回もありましたが、
ここ数年は行われています。
(14回以前は、「OB演奏」として独立しての演奏ではなく、
現役生の演奏にOBが参加する、という形でした)

指揮者は、現役時代、顧問であった長沢先生。
先生は12年間、母校で教えられていたこともあり
(私が高校を卒業したときに移動され、一昨年、退職された)、
多くのOBOGから親しまれている方。

実は、3年前の私の結婚パーティーにも来ていただき、
ご挨拶をいただいたほどです。


今回は、吹奏楽の巨匠とも言われている
アルフレッド・リード作曲の
アルメニアンダンス・パート1」を演奏します。

リードは吹奏楽の曲を多数作曲していて、
現役時代、吹奏楽コンクールの自由曲として演奏した「パンチネロ」や、
「エル・カミーノ・レアル」「セカンド・センチュリー」などなど、
吹奏楽経験者であれば誰しもが必ず一度は演奏したことがあるほど。

とはいえ、今日、初めて練習に参加したということで、
初見での合奏となりました。
さらに言えば、実は、昨年のOB演奏(2005年4月1日)以来、
楽器を吹くことがなかったため、10ヶ月ぶりの演奏、ということでした。

そんなわけで、演奏会まで残り1ヵ月半しかありませんがどうなることやら。

お時間のある方、4月4日(火)の18時から、
町田市民ホールに来てください!!

« ワークショップ「子ども参加ファシリテーター」 | トップページ | 公開討論会@町田市長選挙 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定期演奏会の練習:

« ワークショップ「子ども参加ファシリテーター」 | トップページ | 公開討論会@町田市長選挙 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30