フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« フリースクール、教育特区、チャータースクール、居場所・・・ | トップページ | 毎日新聞 2005年11月26日朝刊 »

2005/11/13

埼玉・草加で「子どもしゃべり場」

051113-135058

[写真:会場となった草加中央公民館の
     入り口にあった直径1メートル以上の
     草加せんべい]

今日は午後から、草加市で行われた
「子どもしゃべり場」にファシリテーターとして参加。

主催は、NPO法人みんなのまち草の根ネットの会

実はこの事業は全3回のもので、今日が2回目。
1回目は先週の土曜日(11/5)で、3回目が19日(土)。

内容としてはタイトルのとおり、
中高生世代のしゃべり場、といったものですが、
ただ来てもらっても何を話したらいいのか、ということになりますので、
前回の1回目には「自分を知る。権利を知る」をテーマに、
自己理解・他己理解を深め、「権利」という概念を実生活から感じ取る
ワークショップを実施しました。

そして2回目の今日は、「子どもを取り巻く現状」をテーマに、
世界と日本の子どもに関するビンゴゲームや、
子どもの権利条約と日常を結びつけるシュミレーションゲームを行いました。

日本では、「権利」ということを意識することが
日常生活の中では少ないように思いますが、
でも、身近なところに「権利」というものがあり、
「権利」=「当たり前」のもの、ということを感じて欲しいなぁ、
との思いでファシリテートをしています。

そもそも権利というものは、
行使してこそ保障されるもの。
これは、日本国憲法第12条に、しっかりと明記されています。

ちなみに、よく言われることに、
「今の日本の子どもは自分勝手にやっていて、
権利は十分に保障されている。
むしろ、”義務”のほうが必要」。

でも、「自分勝手」「わがまま」というものは、
イコール権利、ではありません。

残念ながらこうした点をおとながきちんと理解できていない。
「権利」ということをきちんと理解し、説明できるおとなが少ないようです。

おとなが「権利」というものを理解していないのに、
子どもに伝えるのは無理というもの。

「わがまま」と「権利」の違いくらい、
おとなにきちんと説明してもらいたいものです。

« フリースクール、教育特区、チャータースクール、居場所・・・ | トップページ | 毎日新聞 2005年11月26日朝刊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉・草加で「子どもしゃべり場」:

« フリースクール、教育特区、チャータースクール、居場所・・・ | トップページ | 毎日新聞 2005年11月26日朝刊 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30