フォト

他のアカウント

おすすめBook!

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

« 鶴ヶ島市の人権講座でファシリテート 050927 | トップページ | 秋晴れ 051001 »

2005/09/28

想像力が乏しく人権意識の希薄な行政 050928

私が住んでいる町田市では10月1日から、
ごみ収集の有料化&個別収集が始まります。

燃やせるごみ・燃やせないごみを捨てるためには
専用のゴミ袋を買う必要があります。
 5リットル相当1枚10円(10枚1組100円)
 10リットル相当1枚20円(10枚1組200円)
 20リットル相当1枚40円(10枚1組400円)
 40リットル相当1枚80円(10枚1組800円)

スーパーでもらうビニール製の買い物袋が
だいたい「20リットル」の大きさ。

まぁ、ごみ収集の有料化の背景にはいろいろ事情があるようですし、
他市でも有料化がすすんでいるようですので、
是否については論じませんが、気になることがあります。

町田市ではオムツを常時使用する方(乳幼児および高齢者、障がい者など)は、
無料のオムツ袋を配布する、としています。
オムツを使うのは生理現象として不可欠であり、
こうした配慮は必要でしょう。

しかし、ここで大きな問題が生じています。
それは、
 1:オムツ袋を受け取るためには役所の窓口に行く必要があるが、
  「お役所」のため、役所が開いている時間、
  つまり、平日の日中しか受け取ることができない
 2:オムツ袋は、他の燃やせるゴミ/燃やせないゴミの各袋とは色が異なる。
  そのため、「オムツ袋を出す家庭=オムツをしている方がいる家庭」
  というのが明白となり(個別収集なので、自宅の道路わきなどに出す)、
  プライバシーの侵害の恐れがある
といったこと。

1に関しては、役所の担当部署に聞いたところ、
「子どもセンター(いわゆる児童館)ならば土日や夜間も受け取れる」とのことでしたが、
そもそも町田市は他市と比べて子どもセンターの設置数が2館と少なく、
しかもそれぞれ金森、大蔵といった、
最寄り駅からバスを利用しないと行けない場所にあり、
それらの最寄り駅からも遠いところに住んでいる地区の方にとっては
不便この上ない有様です。
(そもそも子どもセンターには駐車場がないので、
ゴミ袋を自家用車で取りに行くとなると路上駐車をせざるをえないのですが、
町田市は路上駐車を奨励しているのですかね・・・)

我が家をはじめとする共働きで乳幼児を抱えている家庭は、
いつ、「オムツ専用袋」を受け取りにいけばいいのでしょうか?

有給休暇をわざわざ消化して
オムツ袋をもらいにいかなければなりません。
しかも、1回あたりの配布枚数は30枚と決まっていますので、
毎月のように有給休暇を消化する必要があります。

「ゴミの有料化」という家庭負担が生じる中、
さらにオムツ袋をもらうために有給休暇をとって、
会社を休んでまでゴミ袋をもらいにいかないといけないこの状況、
「お役所仕事」の典型だと思いませんか?
と言いますか、オムツ袋を必要とする家庭がどんな家庭なのか、
役所の人間は想像する力がない、と断言してもいいくらいです。
(役所で働いている共働きの町田市民は、
 自分の職場を通じてオムツ袋を入手できるから問題なくていいですね)

仕方がないので昨日、仕事を早く切り上げて、
閉庁する17時直前に窓口(オムツ袋なので、子ども総務課)に駆け込み、
オムツ専用袋をもらってきました。

その際、窓口の方と今回の件について意見交換。
縦割り行政の中、ごみ収集の管轄は清掃事業部なので、
子ども総務課に意見を言っても仕方ない面もありますが、
子ども行政を担う現場から声をあげてもらう必要があり、
「保育園で受け取ることはできないのか」
「駅前市民課(小田急町田駅に設置されていて、平日夜間や日曜日に
 住民票などを受け取ることができる)で受け取れないのか」
「(夜間・土日開いている)図書館はどうなのか」
といったことを伝えました。

保育園については、さっそく内部で検討するとのこと。
当面は公立の7園からスタートするようですが
(と言っても、いつから受け取れるようになるのかは不明)、
夜間保育をほとんどがしていて、
日曜はともかく、土曜日は保育を行っているので、
そうした拠点で受け取れるようになるのはとりあえず前進。


また2のプライバシー侵害に関してですが、
我が家のように乳幼児がいる家庭では、
まぁ、オムツ袋の存在を知られても構いませんが、
高齢者や障がい者の方にとっては、
自分がオムツを使っているということを
他人に知られることはイヤなことではないでしょうか?
それとも知られたくなければ、
有料のゴミ袋を使用しろ、とでも役所は言いたいのでしょうか?

年金暮らしをしている方にとっては、
ただでさえごみ収集の有料化は家庭負担が増えるのに、
生理現象として必要となるオムツの使用を我慢する、
なんてことは、非人間的でしかなりません。

ここからも、お役所の想像力の欠如、
そして、人権意識の希薄さを感じずにいられません。
自分がオムツ袋を使う姿を想像できないのでしょうか?

オムツ袋が必要な家庭には「燃やせるゴミ専用袋」を無料で10枚配布する、
とかいった対応をとれないものでしょうか。
他の街ではどうなんですかね?


町田市は「福祉の町」というイメージがありますが、
なんだかなぁ、というのが正直なところです。


そしてこうした議論、どれだけ議会で行われてきたのか、
はなはだ疑問でもあります。

来年2月に市長選&市議選を控えた現在、
そしてまた、ほぼオール与党化している議会においては、
ゴミ有料化についてほとんど意見が出ないで承認されたそうですが、
多くの議員さんも想像力が乏しいなぁ、なんて感じてしまいます。

« 鶴ヶ島市の人権講座でファシリテート 050927 | トップページ | 秋晴れ 051001 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想像力が乏しく人権意識の希薄な行政 050928:

« 鶴ヶ島市の人権講座でファシリテート 050927 | トップページ | 秋晴れ 051001 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30