フォト

他のアカウント

Facebook Twitter Twitter

おすすめBook!

  • 林 大介: <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=hayadai1976-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087208389&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    林 大介:

  • NPO法人21世紀教育研究所 編: もうひとつの学校案内―オル...
    フリースクール、サポート校、通信制高校など最新データ400件以上掲載の「もうひとつの学校案内」。11校の取材記事、小山内美江子さん(脚本家)などからのメッセージも。2100円(税込) (★★★★★)
  • Rights編: 16歳選挙権の実現を!―選挙権...GENJINブックレット (26)
    選挙権・被選挙権に関するQ & A、世界各国の選挙権年齢の一覧、選挙権に関する法律抜粋などコンパクトにまとまっています。998円(税込) (★★★★)
  • 子どもの参画情報センター(編集) 、林他(著): 子ども・若者の参画―R.ハー...
    日本における子ども・若者の参画の意義を15人の実践家が執筆。私はもちろん「子ども・若者の政治参画の必要性」について。2100円(税込) (★★★★)

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

2017/10/09

総選挙の公示を前に~未来の有権者も、国民の一人。日本の未来について考えよう。

※写真は、9月に視察した、ドイツ連邦議会議員選挙での小学生対象の立候補者7人による公開討論会のもの。 いよいよ衆議院議員総選挙が公示を迎えます。 総選挙は、毎回毎回、色々な話題を呼んでいますが、今回の総選挙も目が離せません。 そして、「18歳選挙権」となってから”初めての総選挙”です。 <学校の役割> 急な総選挙ということで、「授業が間に合わない」「生徒に教える時間がない」「高校3年生は受験を控えている」などなど、”後ろ向き”な声が聞こえて居ますが、一方で、模擬選挙を行う学校も30校近くあります。 模擬選挙を行うことがすべてではありませんが、選挙について何も触れない、というもどうかなぁ、と思います。 授業内で選挙で争点になっていることを話題にする、新聞などを校舎内に掲示する、公示日のニュースを授業内で観る、など...

» 続きを読む

2017/10/08

総選挙における模擬選挙の実施について

10月10日公示、22日投開票の総選挙。 今回も、模擬選挙の実施を呼びかけています。 今回も、全国30校近い学校(中学校、高校、大学)が、模擬選挙を実施します。 詳しくは、以下をご覧ください。 【第48回衆議院議員総選挙における模擬選挙について】 http://www.mogisenkyo.com/2017/10/08/913/

» 続きを読む

2017/09/25

ドイツ連邦議会議員選挙の模擬選挙と実際の選挙結果【ドイツのシティズンシップ教育視察2017 part.4】

ドイツ連邦議会議員選挙の結果が出ました。 http://www.bbc.com/japanese/41383219 アンゲラ・メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が第1党、社会民主党(SPD)が第2党、右翼国家主義政党「ドイツのための選択肢」(AfD)が第3党、とのこと。 では、ドイツの未来の有権者は、模擬選挙においてどのような判断をしたのでしょうか。 100万人弱が投票した<JuniorWahl>の結果は、以下のとおりとなっています。 http://www.juniorwahl.de/bundestagswahl-2017.html  CDU/CSU 27.0%  SPD 19.3%  LINKE 7.3%  Green 17.9%  FDP 8.8%  AfD 6.0%  その他 1...

» 続きを読む

2017/09/22

実際の投票日前に模擬選挙の結果を公表するドイツ!【ドイツのシティズンシップ教育視察2017 part.3】

9月24日(日)が投票日のドイツ連邦議会議員選挙。 ドイツの選挙は、日本と異なり、街宣車が駅前に繰り出したりはせず、屋内での討論会がメインのようです。 そして、各政党の支持者が、人通りの多い教会前や駅前などの広場で、チラシやグッズを配布したりしています。 どの政党も同じような場所で宣伝活動を行うため、写真のように、複数の政党が集まっていたりします。 そしてチラシを配布する際には、できるだけ受け取ってもらうようにするためか、ボールペン、風船、種、花なども一緒に配っています。 日本ですと、「うちわ」や「カレンダー」を配布すると「公職選挙法違反」になってしまうことを考えると、ドイツの選挙戦は自由だなぁと感じます。 そして候補者の選挙ポスターは、公設の掲示板はなく、電柱や街頭であれば貼って良いようで、いたるところに貼ら...

» 続きを読む

2017/09/19

ドイツでは選挙期間中に小学生と候補者が討論する!!【ドイツのシティズンシップ教育視察2017 part.2】

ドイツ視察でおどろいたことは、選挙期間中であっても、立候補者が小学生や中学生、高校生といった、未来の有権者と真剣に討論する、ということ。 今回の視察においては、13日(水)10-12時、小学生と候補者の討論会に参加しました。 会場は民間の子ども美術館のホールで、近隣の3つの学校の5-8年生、およそ150人あまりが参加。 候補者も、与党CDUのほか、SPD、FDP、左翼党、緑の党、AfDなど7党から参加。 前半(約1時間)、事前に小学生が考えた質問を、各政党が順番に答え、後半(約1時間)は候補者ごとのブースで直接意見交換、という流れでした。 教員は引率だけで、司会は当然、小学生。 小学生からの質問は、  ・(会場となっている)子ども美術館への補助についてどのように考えているか  ・学校制度についてどのように考えて...

» 続きを読む

«【ドイツのシティズンシップ教育視察2017 part.1】視察・訪問の概要