フォト

他のアカウント

Facebook Twitter Twitter

おすすめBook!

  • 林 大介: <iframe src="http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?t=hayadai1976-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4087208389&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=FFFFFF&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

    林 大介:

  • NPO法人21世紀教育研究所 編: もうひとつの学校案内―オル...
    フリースクール、サポート校、通信制高校など最新データ400件以上掲載の「もうひとつの学校案内」。11校の取材記事、小山内美江子さん(脚本家)などからのメッセージも。2100円(税込) (★★★★★)
  • Rights編: 16歳選挙権の実現を!―選挙権...GENJINブックレット (26)
    選挙権・被選挙権に関するQ & A、世界各国の選挙権年齢の一覧、選挙権に関する法律抜粋などコンパクトにまとまっています。998円(税込) (★★★★)
  • 子どもの参画情報センター(編集) 、林他(著): 子ども・若者の参画―R.ハー...
    日本における子ども・若者の参画の意義を15人の実践家が執筆。私はもちろん「子ども・若者の政治参画の必要性」について。2100円(税込) (★★★★)

twitter

子どもの権利/子ども参画

  • 模擬選挙推進ネットワーク
    未来の有権者の市民性(シティズンシップ)を育み、子どもの政治参加や政治教育を推進するネットワーク組織です。
  • チャイルドライン支援センター
    18歳までの子どもの声を受け止める電話、チャイルドライン。世界各地で取り組まれています。
  • 子どもの権利条約ネットワーク
    子どもの権利条約の普及・実施をすすめている。子どもの権利条約入門セミナーやワークショップの実施、権利条約フォーラムの呼びかけなど

ブログパーツ

無料ブログはココログ

2017/04/19

労働教育と主権者教育

昨日(4月18日)、日本労働組合総連合会(連合)主催による「労働教育および主権者教育に関するシンポジウム~若者が安心して学び働ける社会の実現に向けて~」において、『18歳以上選挙権と主権者教育』と題した講演を行いました。 18歳選挙権関係で主権者教育について講演などを依頼されますが、そのほとんどが、教員向けだったり、高校生向けだったりと、何かと「学校関係者」向けがほとんどです。 しかし、このシンポジウムは、全国の連合加盟の労働組合から200名近くの方が参加されており、連合傘下の日本教職員組合(日教組)からの参加も数人いましたが、9割以上は教員以外の方が参加されていました。 そうした参加者の中で、「主権者教育」について話すということはどういうことなのか。 ”政治的中立性”が求められる学校現場において、「連合が支持...

» 続きを読む

2017/04/12

小学5-6年生限定! 参議院70周年記念「子ども国会~私たちがつくる未来」

今年2017年は、参議院が創設されて70年を迎えます。 今回、70周年記念として、「子ども国会~私たちがつくる未来」を開催することとなり、現在、子ども国会議員150名、募集しています。 http://www.sangiin.go.jp/japanese/san70/kodomokokkai/index.htm 子ども国会の対象は<小学5、6年生およびこの年齢に相当するすべての子ども、150名(北海道、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、福岡県から各4名、その他の38府県から各3名を選出)>。 開催日は<平成29年7月30日(日)および31日(月)の2日間>で、旅費・宿泊費が出ます(なお、保護者1名の同行が必須で、同行する保護者の旅費・宿泊費も出ます)。 募集期間は<平成29年4月3日(月)...

» 続きを読む

2017/03/31

東洋大学の4年間を終えて、次の一歩へ。

2013年4月1日から4年間、東洋大学社会学部助教として、研究・教育の場で働いてきました。 「4年間の任期付き」ということで、本日、2017年3月31日をもって、東洋大学を退職致します。 これまで、中学校・高校で教えてきた経験はありますが(当然ながら、教員免許を取得しています)、大学となるとまた違った環境になり、最初の頃は戸惑いも多数ありました。 そもそもこれまで、「市民活動」をしてきていますので、そうした活動を報告したり、プレゼンしたり、あるいは支援者に協力を依頼したりというように、「活動」をメインにしていました。 とはいえ大学教員は、単なる教育職というわけではなく、研究職という側面もあり(むしろ、こちらのほうがメインとも言えますが)、論文執筆や、学会発表など、これまで意識して取り組んでこなかったことに取り組...

» 続きを読む

2017/03/17

昨年7月の参院選における高校3年生相当の投票率

総務省で開催されている「主権者教育の推進に関する有識者会議」において配布され、すでに公表となっていますが、<昨年7月の参院選における高校3年生相当の投票率>のデータをまとめてみました。 静岡、福井、京都、愛媛、佐賀、大分、宮崎の各府県のみですが、<18歳代の投票率>よりも、<高校3年生相当の投票率>が高いことがよくわかります。 === 第24回参議院議員通常選挙における高校3年生相当の投票率(%) <静岡県> 高校3年生相当=81.3  ※県教委アンケートより(新有権者約4,900人を対象)  ※18歳全体=48.70/19歳全体=37.15/県全体=55.76 <福井県> 高校3年生相当=70.73  ※全数調査より平成10年4月2日~7月11日生まれの者を抽出  ※18歳全体=48.10/19歳全体=36....

» 続きを読む

2017/02/13

総務省「主権者教育の推進に関する有識者会議」に出席

総務省が、「主権者教育の推進に関する有識者会議」を1月に立ち上げました。 「主権者教育の推進に関する有識者会議」 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/syukensha_kyoiku/index.html 「18歳選挙を振り返る…「主権者教育の現状と課題」年度内に取りまとめ」 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12185-35903/ 現在、私も、その委員として、会議に出席しています。 この間、2回の会合が行われ、以下のようなことの議論や情報交換をしてきています。  ・昨年7月の参院選における18歳、19歳の投票率について  ・高校、大学での主権者教育について  ・特別支援学校での取り組みについて  ・...

» 続きを読む

«本日、11月20日は「世界子どもの日」。